闇から光へ~的外れからの解放~(83)もう迷わない 佐伯玲子

2019年4月22日14時34分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

「イエス・キリストについていく!」と決めた矢先、初めて「X教波動注入特別プログラム」に呼ばれ、考え抜いた末、「結果次第でX信仰の進退を決める!」と決断。特別施設にて2泊3日、集中的に波動を注入され、帰宅した翌日のこと・・・。

激しい腹痛と吐き気とともに目覚めました。なんということでしょう~。私の体は、上を下への大騒動!何度も這ってトイレへ駆け込むありさま。最初は「波動修正」(マッサージや針灸治療後に起きる“好転反応”のようなもの)」かと思いましたが、しばらくして「これは違う!」と確信しました。

結果は、“ノロウイルス”感染!!・・・「なんということでしょう~(パート2)。時間を使って、お金を使って、気を使って、"特別な場所"で、"特別な波動"を入れてもらった結果が・・・“ノロ感染”・・・。良くなるどころか、逆に病気になっているじゃないか!」。ガッシャーーン!!・・・私の中で、破壊音が轟(とどろ)きました。最後の“闇の壁”が、完全に崩れ落ちた瞬間でした。

「Xは神ではない!イエス・キリストこそ、真の神!!今度こそ本当に、本当~に、Xを脱退する。もう迷わない」。そう決心し、「X品」の断捨離を決行しました。

“御神酒” “御神水”といわれた酒と水は、親しかった女性信者に以前譲ってしまい、後で「捨てればよかった」と猛省しました。また、「高価な品々はXに返却しよう」と一瞬考えたのですが、「霊的世界において、世的な値段の高低に関係なく、すべて神様が忌み嫌うべき“偶像”の類は、この地上から完全に消滅させるべき!」と決断し、捨てることにしました。

まず、最も執着し、どんな時でも決して肌身離さなかった“ペンダント”から捨てました。信仰告白後も、恐れから、外しては付け、付けては外しを繰り返した、金とプラチナの2つの観音ペンダント。意を決し、自分と息子の首から外すと、悪魔の「もったいない。売れば金になる」とのささやきに、「黙れサタン!イエス・キリストの御名によって出ていけ!」と命令し、「イエスの血潮」をかけ、すぐさまゴミ置き場に捨てました。ちょうど「燃えないゴミの日」だったのは、主の計らいだったと思います。母にも電話で説明し、同様に処分してもらいました。

私たち家族を縛り、暗闇につないでいた“首輪”が取り除かれたとき、心の底から「自由」を感じました。長きに渡る、暗く冷たい牢獄から釈放された「爽快感」は、言葉にならないほどの喜びでした。イエスの御名とイエスの血潮が、ペンダントを通して掛けられていたXからの強大な魔術を取り除き、契約を断ち切ってくださったのです。“イエスの御名”と“イエスの血潮”を自ら宣言し祈った最初の体験でした。

おかげで、その後の断捨離は、とても順調に進みました。22年に及ぶ信仰の産物は、「出るわ出るわ」の大漁節のお祭り騒ぎ! 部屋という部屋(トイレ・風呂・玄関含む)の、天井の四隅と中央に貼っていた観音カード(御札)を片っ端から剥がし、そこにイエス様の血潮を宣言して回りました。

Xのバザーで購入した、Y氏の“波動入り”ドレスや小物類、数々の波動入り写真、ホテルディナーの説法にて配布されたY氏の顔入りテレホンカードと書籍類、購入した中で最も高価だった、“墓参り”と同じくらいパワーがもらえる!と言われた“御神鏡”という名の鏡 etc・・・。「もうこれで最後」と思っても、後から後から、次々と、さまざまな所から「発掘」されました。

中でも、一番多く発掘されたのが“観音カード”でした。額縁の中から、置物の下から、本から、靴から、ポケットから・・・これでもか!と言わんばかりに出てきました(笑)。つい最近では、実家の引っ越しの際、かつて静かなブームを呼んだ「竜の一筆書き画」の額縁裏に発見! 聖書で「レビヤタン」は“竜”と表現されているので、画もろとも捨てました。ちなみに、雄竜に父の名、雌竜に母の名、子(なぜか鶴)に私の名が書かれた「呪い度満点」の作品でした(^^;)。

「あるいは引き抜き、あるいは引き倒し、あるいは滅ぼし、あるいはこわし、あるいは建て、また植えさせる」(エレミヤ1:10)のように、悪魔が植えた「死と呪いの草」を根こそぎ取り除き、新たにイエス様の「命と祝福の花」を植え、魂の園を清めていった、という感じでしょうか? このようなことが大胆に勇ましく行えたのは、偉大なる王の王であり、圧倒的な勝利者である「イエス・キリスト」が共にいてくださったおかげに他なりません。

イエス様から「戦う勇気と力」を与えていただいた私は、さらなる「自由と解放」を勝ち取るため、次の戦いに挑もう!と決意したのですが、そこで、私は「主の平安」の素晴らしさを知るのです。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング