世界最古のキリスト教書簡、スイスの大学が特定 初期キリスト教徒の生活知る貴重な資料

2019年8月19日17時21分 印刷
関連タグ:スイスエジプト
+世界最古のキリスト教書簡、スイスの大学が特定 初期キリスト教徒の生活知る貴重な資料
バーゼル大学(スイス)所蔵のパピルス片「P.Bas. 2.43」。同大が100年以上前から所蔵していたが、最近、230年代に書かれたものだと年代が特定された。(写真:同大)

スイスのバーゼル大学はこのほど、同大が100年以上前から所蔵していたパピルス片が、230年代に書かれたものだと特定したと発表した。これは、聖書に収められている書簡群を除けば、キリスト教徒によって書かれた書簡としては、これまでに発見されたものの中で最も古いという。

発表(英語)によると、同大が所蔵していたパピルス片「P.Bas. 2.43」は、230年代にエジプト中部のセアデルフィア村で、アリアヌスという名の男性が、兄のパウルスに宛てて書いた手紙で、次のような内容が書かれている。

「お元気ですか。わが主人であり、無二の兄であるパウルスへ。私、アリアヌスはあなたにあいさつを送り、あなたの人生が順風満帆であることを祈ります」

その後、アリアヌスは家族の様子を伝えた上で、良質の魚醤(ぎょしょう)を送るよう兄に依頼している。そして最後は、「主にあって、お元気で」と結んでいる。

パピルス片の年代特定を行った同大のサビーネ・ヒューブナー教授(古代史)によると、「主にあって」の部分は、ノミナ・サクラと呼ばれる略式表現が使われており、執筆者がキリスト教信仰の持ち主であることを明示するものだという。「ノミナ・サクラは、新約聖書の写本によく見られるキリスト教の決まり文句です」。また、兄のパウルスという名は当時としては極めて珍しく、使徒パウロにちなんで名付けられた可能性が高いとヒューブナー氏は指摘する。

さらに、この2人の兄弟は、地元のエリート官僚で地主でもある人物を父に持ち、それなりの教育を受けていた可能性が高い。ローマ帝国下の初期キリスト教徒はこれまで、一般世間から距離を置き、迫害を受ける変わり者として描かれてきたが、この手紙の内容はそうした通説をもくつがえすものだという。同大は次のように述べている。

「この手紙は3世紀初頭、キリスト教徒たちがエジプト内陸部にある諸都市の郊外で暮らし、彼らが政治的な指導者の立場にあり、異教徒とそう変わらない日常生活を送っていたことを示唆しています」

同大で保管されている古代文書群には他に、1500年代にスイスに持ち込まれたギリシャ語の文書片がある。これは、ギリシャ出身の著名なローマ帝国の医師ガレノス(129頃~199頃)が書いた医学文書と考えられている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
関連タグ:スイスエジプト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース