「せかゆる」の横坂さんとのコラボも! チャリティ・ロックハート日本ツアー2019

2019年6月5日18時13分 印刷

2012年に青木保憲牧師と出会って以来、日本各地のキリスト教会で素晴らしい歌声を披露し、福音宣教のために献身的に奉仕しているチャリティ・ロックハートさんが、今年も来日する。

今回は7月上旬の10日間ほどで、滋賀、大阪、京都の各会場で、ゴスペルソングを中心としたコンサートやワークショップを行うことになっている。その日程と具体的な内容を紹介してみたい。

なお、彼女の歌声は下記の動画で視聴できる。

● ゴスペル・ユニオン・フェスティバル

日時:2019年7月6日(土)12:30~20:00
場所:大津市生涯学習センター 〒520-0814滋賀県大津市本丸町6番50号
入場料:1400円

「せかゆる」の横坂さんとのコラボも! チャリティ・ロックハート日本ツアー2019

昨年から始まったばかりのイベントではあるが、今年は20組を越えるゴスペルクワイアが参加することになっている。

各クワイアの熱のこもった歌声と共に、チャリティ・ロックハートさんのライブもその中に組み込まれている。また、オープンマイクといって、誰でも希望する方がチャリティさんと一緒に歌えるというコーナーもある(オープンマイク参加は事前申し込みが必要。締め切りは6月15日)。

7時間を超える長丁場だが、そんなことをまったく感じさせないゴスペル三昧の1日になるであろう。ゴスペルを通して、皆が一つになる(ユニオン)祭典(フェスティバル)をぜひご堪能いただきたい。

詳細情報および問い合わせは、ゴスペル・ユニオン・フェスティバルのホームページまで。

● Live to Love 2019 チャリティ・ロックハートゴスペルコンサート2019 in Osaka

日時:2019年7月7日(日)16:00~(開場15:30)
場所:グレース宣教会グレース大聖堂 〒581-0866八尾市東山本新町1-15-6
チケット:一般千円 中高生500円
※会場の駐車場には限りがございます。近くに有料パーキングは幾つかございますが、できる限り公共交通機関をご利用ください。

「せかゆる」の横坂さんとのコラボも! チャリティ・ロックハート日本ツアー2019

ゴスペル・ユニオン・フェスティバルの翌日は、チャリティ・ロックハートさんの歌声をたっぷり90分以上聞くことができるコンサートが開催される。場所は大阪府八尾市にあるグレース大聖堂。グレース宣教会からの招きで、今回初めて実現したコンサートだ。

チケット代金が比較的低価格になっているのには理由がある。多くの方に来場いただき、しかも若い世代にゴスペルの良さを知ってもらいたいということで、このような破格の値段設定となっている。

当日のピアニストは、ご自身も各地でクワイア指導をされているMOMOさん。MOMOさんとチャリティさんは仲の良い友人でもあるため、息の合ったコラボが期待できる。本コンサート用のプロモ―ションビデオもこちらから視聴できる。

詳細情報および問い合わせは、グレース宣教会のホームページまで。

● おもしろコラボ企画!「せかゆる×ゴスペル」同志社大学でコラボが実現!

7月9日(火)は、かつてないおもしろコラボ企画が予定されている。ただし、これは同志社大学生限定の企画だ。講談社から出版されている『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』の著者の一人である横坂剛比古氏が来会し、チャリティさんとコラボするというもの。

同志社大学で嘱託講師をしている青木保憲氏の授業で別々の企画として2人を呼んだところ、なんと同じ日に来校が可能という連絡があった。それなら一緒にやりましょうということに。ちなみに「せかゆる」の横坂氏は、バークリー音楽大学を卒業したベーシストでもある。そのため、チャリティさんとのコラボが実現したのだ。

正規の授業内での企画であるため、一般の方は入場できないが、学生たちにとってはまたとないおもしろコラボ企画となる。

● ゴスペル、そして「せかゆる」、これらに共通するもの 青木保憲氏から読者の皆さんへ

ゴスペルとベストセラー本。一見まったく接点がないように思えるこの2つの素材をまじわらせることができたのは、他でもない「宣教」という概念です。

新島襄がアメリカンボードの宣教師として来日したにもかかわらず、単なる牧師養成の学校を設立するのではなく、日本の将来を担う若者たち、一国の良心を育成したいと願ったことは、同志社大学という形で結実しています。それは単にキリスト教を「伝道」して、人々を回心へ導くということだけではなく、キリスト教を通して人々の必要を満たすという「宣教」の概念が新島の中に息づいていたからに他なりません。

私が大学で講師の端くれとして担わせていただいているのは、「建学の精神とキリスト教」という科目です。これは新島の生涯や同志社設立までの歴史を扱うとともに、彼が受け入れたキリスト教、そしてそれが明治期に日本でどのように扱われ、またどんな実を生み出したのか、について学生たちに伝えることを旨としています。私は後者の「学生たちに伝える」ということを「リアリティの伝播」と考えています。だからクリスチャニティの本物に触れてもらいたい。また明治期において最先端であった新島の考え方を敷衍(ふえん)するなら、現代日本におけるキリスト教の最先端の宣教方法に触れてもらいたい。そんな思いがありました。

そこでチャリティ・ロックハートさんと「せかゆる」の横坂氏をお招きすることにしたのです。何と言っても、彼らはクリスチャンです。そしてキリスト教世界を分かりやすく、また感動的、面白おかしく「紹介する」術をお持ちです。学生たちにお二人がゲストで来られると話しましたところ、大変大きな反響がありました。そうやって受け止められる「キリスト教」は、単なる宗教の押し付けを越えて、彼らの生き方とリンクする一種の教養となっていくことでしょう。新島が掲げた「一国の良心を育成する」というビジョンを、私も同志社で学んだ者の一人として、またキリスト教会の牧師として、実践しているのです。

読者の皆さん、これは「種まき」だと思います。同志社大学はキリスト教主義の大学ですが、一般の大学として存在している以上、福音伝道を行う場ではありません。しかし宣教活動の一環は認められています。私が同志社大学でさせていただいているのは、まさに種をまくことです。その種が学生たちの心の中に落ち、いつかリアリティを伴って発芽するときがやってくると信じています。そのとき、新島が語った「一国の良心」が芽吹き始めることになると信じます。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

「御言葉で養われましょう!」聖書聖会が第10回記念大会 大阪で10月18〜21日

第33回東海聖句書道展 名古屋で9月24〜29日

オセアニア地域の日本人教会カンファレンス「第3回J2ANZ」 豪州ブリスベンで11月22〜24日

「キリシタン研究の再考」「3・1独立運動と韓国キリスト教の歴史」 キリスト教史学会大会でシンポと公開講演

阿部正紀・東工大名誉教授と語るサイエンスカフェ@PazCoffeeShop第2回「DNAと遺伝子の謎―生命の神秘を探る」11月2日

「HIV孤児たちに支援を」 市岡裕子さんCD発売記念コンサート、尼崎で10月14日

『こころの解放』邦訳出版記念ディスカバー・ジョイセミナー 東京、札幌など全国5カ所で10月5〜19日

ゴスペル界の重鎮と新鋭ゴスペルアーティストが集結! 湘南ゴスペルフェスティバル、茅ヶ崎で9月28日

杉原千畝の生涯描いた一人芝居「決断 命のビザ」 東京・御茶ノ水で7月27日

アフリカの新たなビジョン2019 上智大学で8月31日

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース