長さ約1・6キロ、世界一長い絵画聖書「ウィードマン聖書」 米ワシントンで公開へ

2019年5月17日14時02分 印刷
+長さ約1・6キロ、世界一長い絵画聖書「ウィードマン聖書」 米ワシントンで公開へ
全19冊からなる折りたたみ式の絵画聖書「ウィードマン聖書」。広げると、全長は約1マイル(約1・6キロメートル)に及ぶ。

米ワシントンの聖書博物館は、世界一長い絵画聖書とされる「ウィードマン聖書(Wiedmann Bible)」の複製全編を、ワシントンの国立公園「ナショナル・モール」で6月1日に公開すると発表した。ウィードマン聖書は、19冊からなる折りたたみ式の絵本一式で、旧新約聖書全体を3333枚の絵画を使って描いている。全編を広げると、長さは約1マイル(約1・6キロメートル)に及ぶ。ドイツの画家ウィリー・ウィードマン(1929~2013)が一人で16年かけて制作し、2000年に完成した。

全編を広げての展示は、ナショナル・モール内の人工池「リンカーン記念堂リフレクティング・プール」(長さ約618メートル、幅約51メートル)周辺で行われる。聖書博物館は、展示には少なくとも千人のボランティアが必要だとし、参加者を求めている。

聖書博物館のケン・マッケンジー最高責任者(CEO)は声明で、「このような歴史的イベントに携わることができ光栄に思います」とコメント。「ウィードマン聖書は、当博物館でも最も人気のある展示品の一つです。しかし、全体の長さを知ることなくしては、この作品の特殊性を真に理解したことにはなりません。6月1日には参加者全員で実際に両手をつないで長さを測りますので、可能な方は私と一緒に歴史的瞬間にご参加ください」と呼び掛けている。

ウィードマン聖書のウエブサイト(英語)によると、ウィードマンは2013年に亡くなっており、自ら作品を発表する機会はなかった。ウィードマンの没後は、ドイツ南西部シュトゥットガルトにあったギャラリーの屋根裏部屋で、アルミ製の箱に入れられて保存されていたが、ギャラリーを再開した息子のマーティンさんがそれを発見。「それ以来、ウィードマン聖書は使命を果たす道を進んでいます。絵画を通して聖書を伝えることにより、これまでにない方法で皆さんに聖書に親しんでいただけます」と、ウエブサイトは説明している。

長さ約1・6キロ、世界一長い絵画聖書「ウィードマン聖書」 米ワシントンで公開へ
聖書博物館で展示されているウィードマン聖書

ウィードマン聖書の原本は、2015年にシュトゥットガルトで初めて公開された。米国では、聖書博物館が昨年10月から全米で初めて展示しており、展示は今年9月まで続く予定。

また現在は、ウェブアプリやモバイルアプリも開発され、世界中の誰もがデジタル化されたウィードマン聖書を閲覧することができる。アプリはウェブ、モバイル(App Store、Google Play)共に4・99ドル(約540円、モバイルアプリは日本円で600~640円)で利用できる。さらに昨年2月以降は、書籍としても入手可能となっている。

長さ約1・6キロ、世界一長い絵画聖書「ウィードマン聖書」 米ワシントンで公開へ
2017年5月7日にドイツ中部マクデブルクで、約500人のボランティアが参加して、ウィードマン聖書の複製全編を広げ、「世界一大きな折りたたみ式の本」(当時)としてギネス世界記録に認定された。

RNS通信(英語)によると、2017年5月7日には、ドイツ中部マクデブルクで、約500人のボランティアが参加して、ウィードマン聖書の複製全編を広げ、総面積645・2平方メートルの「世界一大きな折りたたみ式の本」としてギネス世界記録に認定された。2017年は、マルティン・ルターによる宗教改革500周年の年で、ルターが「95カ条の論題」を公表した1517年にちなみ、1517メートルを超えるウィードマン聖書を広げようとする企画だった。ただしこの記録は昨年8月16日、中国の別の本(705・39平方メートル)に破られている。

なお、ギネス世界記録には当時、「世界一長い折りたたみ式の本」というカテゴリーはなかったため、「世界一大きな折りたたみ式の本」で記録に挑戦したという。そのため「世界一長い絵画聖書」として、何らかの形で公認されているわけではないが、マーティンさんたちの調査では、これまでのところこれより長い絵画聖書は見つかっていない。

長さ約1・6キロ、世界一長い絵画聖書「ウィードマン聖書」 米ワシントンで公開へ
ローマ教皇フランシスコに、ウィードマン聖書を書籍化した「アート版」などを手渡すマーティンさん=2月20日

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング