尊ぶべき癒やし主 万代栄嗣

2019年3月18日11時47分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。(1ペテロ2:22~25)

延岡商業高校のホームページに掲載された礼儀指導の1枚の写真から、体罰だ、時代錯誤だと多くの批判が出ています。時代錯誤でしょうか? 私は、最近の世の中の風潮が、自分の自由さ、わがままを主張し、横柄な態度になっていると感じています。人間社会は文化を積み重ね、人間関係の中でも礼儀や作法を身に付け、よいものを作ってきました。私は礼儀作法は価値があり、大事だと思っています。

礼儀作法を重んじる姿勢は、神様を礼拝する姿勢にも通じます。神様を礼拝するというのは、自分に都合の良い、御利益のために信じているのではなく、神様との本当のつながり、礼儀作法をはるかに超えた、神をあがめ尊ぶ、もっともっと深い謙(へりくだ)りが必要だと、心から思わされます。この観点から、今日恵みを頂くために、癒やし主である救い主キリストが、どんなお方か学んでまいりましょう。

1. 主キリストは、まったき正しいお方

イエスは、私たちを友と呼んでくださいました。私たちも、素直に主よと呼び掛けています。しかしイエスは、私たち人間のようにいい加減なお方ではありません。その口の言葉にも、行動にも、魂の中にも、汚れ、罪の染みが一切ない、まったき聖きお方なのです。

この聖いお方が、主に仕える者、奴隷の姿にまでなってくださいました。父なる神の御旨にご自身を委ね、神のみこころに従って生き、死ぬことを選ばれ、私たちに模範を残されたのです。救い主イエス・キリストは、まったきお方であり神の聖さを常に持っておられるお方であるという、このキリストの聖さから目を離してはいけません。感謝し、喜ぶと同時に、正しい恐れも忘れてはいけません。

2. 罪を背負い、身代わりに死なれたお方

あなたの人生の中で、親や祖父母が、どれほど愛してくれたかを思い出すことができるでしょう。しかしキリストは、それ以上にこの私たちを愛し、私たちの罪を身代わりに背負われて、十字架にかかってくださいました。人間が軽々しく近づくことができないほど、まったき聖きお方が、私たちの命の身代わりとなって死んでくださったのです。ここに、究極の愛、犠牲の愛、神の愛が表されています。

3. 救いと癒やしを成就されたお方

キリストの打ち傷のゆえに、私たちの魂が救われ、癒やされるのです。「むなしい生き方から贖(あがな)い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです」(1ペテ1:18、19)とあるように、イエスは、尊く汚れない、完全な神の御子であるキリスト(救い主)以外に誰も成し遂げることのできない、完全な救いと癒やしの御業を成就されたお方です。

今一度あなたの信仰が、イエスを軽く考えていなかったか思い起こしてください。毎回の礼拝で、イエス様とお会いできているか、自分のわがままばかり祈っていないか。父がよく言っていました、「同じ献金でも、きれいなお札で、感謝してささげているか」と。奉仕や信仰は、イエスに対するものです。聖書の証言する通り、イエスは、まったき聖なるお方、尊ぶべきお方、心から誉め称えるべきお方です。信仰の襟を正し、心から感謝し、謙り、主の御前に恐れおののき敬意を持ってお仕えしてまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング