春の日々にキリストのかおりを放つ 万代栄嗣

2019年3月11日11時43分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神の前にかぐわしいキリストのかおりなのです。ある人たちにとっては、死から出て死に至らせるかおりであり、ある人たちにとっては、いのちから出ていのちに至らせるかおりです。このような務めにふさわしい者は、いったいだれでしょう。私たちは・・・真心から、また神によって、神の御前でキリストにあって語るのです。(2コリント2:14~17)

神が与えてくださった春に向かう日々を大切にし、感謝して前進しましょう。今の日本は、臭いに敏感な時代になりましたが、今日、私たちはクリスチャンとして放つべき「キリストのかおり」があることをもう一度思い起こしましょう。

パウロはここで、私たちは「キリストのかおりを放つ者」であり、それが、すさまじい恵みをもたらす「かおり」であり、生死にまで関係するような「かおり」を放つ存在、それがクリスチャンであると記しています。私たちは、「イエスを内に宿す者だ」と告白しますが、イエスが内におられるなら、内におられるイエスの効果がさまざまな事柄に出てくるのです。

あなたの心の内側から「キリストのかおり」が香り立っているでしょうか?人生のつらさ、重苦しさ、不機嫌でいやな雰囲気しか香り立っていないとすれば、それは残念なことです。春の季節に「キリストのかおり」をあらゆる所で放てるようにと祈りましょう。

イエスが共におられるなら「私たちはキリストのかおりを放つ者となる!」ことをはっきりと信仰によって意識していきましょう。ここで3つのことを確認したいと思います。

1. キリストのかぐわしいかおり

かおりと臭いは、科学的には同じでしょうが、「臭い」というと悪いイメージもあるのですが、「かおり」には良いイメージが湧きます。聖書では「かぐわしいかおり」(15)、嗅ぐだけで、人々の心が平安、喜びに結びつくような幸せな「かおり」を私たちが放つことができると記されています。

クリスチャン生活は、教会にいるときだけでなく、いついかなるときにも「キリストのかおり」を放ってほしいと思います。あなたの雰囲気が人々に伝わるとき、キリストの恵みのかぐわしさ、キリストの救いの麗しさ、キリストにある信仰の喜ばしさが自然と香り立つものでありますように。

2. いのちと死を分けるかおり

あなたの心の中に「イエス・キリストはただお一人の救い主です!」、この信仰の告白が明確にあるようにしましょう!

キリストは、私たちの魂を天国にまで、永遠のいのちにまで導き入れてくださる唯一の救い主であられます。この方から放たれている「かおり」を受け入れるか拒否するかによって、「いのち」か「死」かという生死まで分けるのです。

私たちの魂、霊が神の御元で永遠の安息を得られるか、地獄の滅びの中に陥るかの決定的な差を生む「かおり」なのだということを知りたいと思います。

3. キリストのかおりを放つ者となろう

16節の「いったいだれでしょう」とは、すなわちあなたがた一人一人が皆そうではないかと語り掛けているのです。聖書のお言葉は、語り掛けられた者には応答することが求められています。この「キリストのかおり」「かぐわしいかおり」でありながら、人の運命に関わる「かおり」さえ放つことのできる存在、主のしもべ、証し人として生きる者は誰なのか、と語られたときに「はい、主よ、私です」と答えましょう。

信仰生活は他人事で終わらせることはできません。あなたが当事者なのです。だからおのおの自分自身が「キリストのかおりを放つ者として歩みます」と信仰によって応答する者でありたいのです。この春、私たちは「キリストのかおり」を放って前進してまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング