4万人のクリスチャンが参加、米ナッシュビルで1カ月間全住民のために祈るイベント

2019年3月16日00時42分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:アメリカ
+祈り
(写真:congerdesign)
- 広告 -

米テネシー州ナッシュビル(人口約69万人)で、住民一人一人の名前を挙げて祈る1カ月間にわたるイベント「ナッシュビルの覚醒」(1月27日~2月24日、英語)が開催された。ナッシュビル市内や近郊の約400教会から、約4万人のクリスチャンが参加。参加者一人一人には、主に電話帳からリストアップされた住民15人の名前と住所が書かれたリストが手渡され、期間中その人々の名前を挙げて祈るとともに、祝福の言葉を書いたはがきを送るなどした。

イベントを企画したのは、ナッシュビルにあるエートス教会の創設者であり、弟子訓練と教会開拓に取り組む「オンワード・チャーチ・プランティング」の指導者でもあるデイブ・クレイトン牧師。6日には、第一バプテスト・オーランド教会(フロリダ州)で行われた「劇的増加カンファランス」で講演し、このイベントについて語った。

クレイトン氏は10年前、数人の友人と協力してエートス教会を開拓した。教会は設立後の5年間で急成長し、さらに幾つかの教会を開拓して拡大した。教会開拓としては大きな成功を収めたといえるが、神の求めはその後も止まらなかったという。

「主は言われました。『デイブ、あなたの召しは単に人々を集めることではない。人々を教え、変えることだ。そしてナッシュビルだけでなく、この国と他の国々に人々を遣わすことだ』と」

クレイトン氏は、この神の求めに狂ったように従う道を歩んだ。親しい友人でなければ、本当に狂ってしまったと考えるほどだったという。そして生まれたのが、この町を挙げての大規模な祈りの取り組みだった。

一部の教会からは、それぞれの教会は「競合関係にある」と反対する声も寄せられた。しかしクレイトン氏は、自分は「ただ(神の御心に)従っているだけだ」と答え、最終的にはナッシュビル市内や近郊の約400教会が協力を申し出た。

「4万人の人々が、30日間連続で町のすべての人のために祈り、断食しました」とクレイトン氏。イベントには、あらゆる教団教派の人たちが、肌の色や年齢の違いを越えて参加し、対応可能な言語は約100言語に及んだという。イベントは、地元の有力紙「テネシアン」(英語)にも取り上げられた。

クレイトン氏は講演で、神が探し求めているのは「戦略のある人」や「スキルのある人」ではなく、「神に自身を明け渡す人」だと語った。

「成長への道は、戦略やスキル、話術やシステムではありません。成長への道は、神に自身を明け渡すという下り道なのです」

「自教会の活性化を願うなら、私たち主任牧師は、自分が目立たなくなることに真剣に取り組まなければなりません」

「劇的増加カンファランス」は4日~7日の4日間にわたって開かれ、さまざまな講師が講演した。5日には、ベストセラー本『クレイジーラブ』の著者として知られる中国系米国人のフランシス・チャン牧師が登壇し、牧師にとって重要なのは、教会の頭が自分ではなくイエス・キリストであることを常に覚えていることだと強調した。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング