教皇フランシスコ、アラビア半島初訪問 イスラム教発祥の地

2019年2月4日14時46分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ

ローマ教皇フランシスコは3日夜、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビに到着した。歴代教皇でUAEを訪れるのは今回が初めてで、イスラム教発祥の地であるアラビア半島を訪問するのも今回が初。訪問は5日までの日程で、首都アブダビで開かれる諸宗教の集いなどに出席する。

今回の訪問は、UAEのアブダビ皇太子ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン氏の招待に応じたもの。教皇フランシスコにとって27回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)となる。

バチカン放送(英語版)によると、教皇がアブダビの空港に到着すると、ムハマンド皇太子らが出迎え、伝統衣装を着た子どもたちが花束を渡し、教皇の母国語であるスペイン語で歓迎の言葉を伝えた。

教皇は4日午後、UAE最大のイスラム教寺院「シェイク・ザイード・グランド・モスクム」で、諸宗教の集いを主催する「ムスリム長老会議」のメンバーらと会談。同日午後に集いに出席する。世界教会協議会(WCC)によると、この集いには、WCCのオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事のほか、イスラム教スンニ派最高学府のアズハル大学(エジプト)の大イマム(イスラム教指導者)であるアフマド・タイイブ氏らが出席する。

5日には、複合競技施設「ザイード・スポーツ・シティー」を会場にミサを執り行い、報道によると、約13万5千人が参加する見込み。

UAEは国民の多くがイスラム教スンニ派だが、フィリピンやインドからの出稼ぎ労働者の中にはキリスト教徒も多いという。米国務省の「信仰の自由に関する国際報告書」(2017年、英語)によると、UAEでは全国規模の国勢調査が2005年以降行われていないが、それによると、人口の76%がイスラム教徒、9%がキリスト教徒、15%がその他の宗教となっている。一方、米調査機関「ピュー研究所」の推定(10年)では、イスラム教徒が約76・9%、キリスト教徒が12・6%、ヒンズー教徒が6・6%、仏教徒が2%となっている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング