7回連続不合格 佐々木満男

2018年11月9日15時41分 コラムニスト : 佐々木満男 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐々木満男

あなたは試験に7回連続して落ちたことがあるだろうか。もしそんな体験をしたら、あなたはどうしたであろうか。

クリスチャンのA君は、日本の司法試験に3回落ち、アメリカの bar exam(弁護士試験)にも連続して4回落ちてしまった。神を信じ祈って挑戦してきたにもかかわらず、不運が続いた。

私はA君を幼い頃からよく知っている。小学校までは普通の生徒だったが、中高生の頃から生きる意味を失ったのか、悪い友達のグループに入り、遊びほうけてまったく勉強しなかった。親に注意されると、「オレ、早く死にたいんだよ!」と言って反抗した。

当然、高校では成績最低で落第するはずだった。しかし、学校としては留年されても困るので、無理やり卒業させてしまったようだ。すでに大学入試は終わっており、やむなく、ある大学法学部の通信教育課程に入った。

その時、「ボク、将来は弁護士になります!」とA君に唐突に言われた私は、「何を言っているんだ。中高で全然勉強せず、基礎がまったくないのに、弁護士なんかとても無理じゃないか」と答えた。でも彼は、そこから猛勉強を始め、通信で大学を卒業した。その間、自分から教会に行き始め、キリストを信じて洗礼を受けた。

その後、法律事務所や派遣会社でアルバイトをしながら、司法試験を受験したが、3回続けて落ちてしまった。一時は弁護士を諦め、医師の道を目指し、幾つかの大学医学部の入試を受験したが、これまた2年連続で、すべて落ちてしまった。

そこでA君は、医師ではなく弁護士になることが神の御心だと確信して、今度は米国の弁護士資格を取ることに方針を変えた。米国法科大学院の日本校に入り、英語と米国法を学んだ。大学院卒業後、働きながら、米国の bar exam(弁護士試験)に4回挑戦したが、いずれも不合格であった。弁護士試験7回連続不合格、医学部入試を含めたら、連続不合格は10回を優に超えている。

真剣に祈って挑戦したにもかかわらず不合格が続き、7回目の不合格後は、さすがに痩せ細ってしまい、落ち込んで、暗い雰囲気のA君の姿を見ると、痛々しさを感じた。

これ以上、時間と費用をかけて受験を継続することは無駄ではないか。このままいけば、仲間たちにどんどん遅れをとっていく。定職、定収もなく、結婚もできない。将来に対する不安はつのるばかりだろう。この際に転身して、会社の法務部に入り、生活を安定させた方が良いのではないか。

毎回、不合格の結果を聞くたびに、「諦めないで、もう一回挑戦したらどうか」とA君を励ましてきた私も、この時は何も言えなかった。でも、「ここで諦めたら、『あれほど神を信じ、全力を尽くして挑戦してきたのに、ついに壁を乗り越えることができなかった』という挫折感を、一生引きずっていくのではないか」と非常に心配だった。

だが、「これも神が許された人生だ。きっと彼のために新しい道が備えられているのだろう。クリスチャンには、死んでも復活する希望がある!」と思い直し、A君の今後を静かに見守ることにした。

しばらくして、A君から、「ようやく合格しました!」というメールが届いた。もう諦めてしまったのかと思っていたら、なんと、8回目も受験したのだった。事実、彼は復活したのだ。

早速、合格のお祝いに食事会に招いたが、その席でA君は、「とても疲れました。でも、試験に何度も落ちて試練が続いたおかげで、強くなれて良かったです」と言っていた。試練の連続の中でも神を信じ続ける信仰がA君の内に成長していたことが、試験に合格したことよりもうれしかった。

正しい者は七たび倒れても、また起きあがる。(箴言24:16)

主は愛する者を訓練し、受け入れるすべての子を、むち打たれるのである。(へブル12:6)

佐々木満男

佐々木満男(ささき・みつお)

弁護士。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL. M)。インターナショナルVIPクラブ東京大学顧問。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐々木満男

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング