共におられる主への信仰を働かせよう 万代栄嗣

2018年10月22日16時33分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

イエスは弟子たちに、「さあ、向こう岸へ渡ろう」と言われた。そこで弟子たちは、・・・イエスをお連れした。・・・激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水でいっぱいになった。ところがイエスだけは・・・枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。イエスは彼らに言われた。「・・・信仰がないのは、どうしたことです」(マルコ4:35~40)

今日の御言葉から、あなたの信仰が働いているか、確認してほしいと思います。ガリラヤ湖の岸辺で人々を教えておられたイエスは、日暮れになり、弟子たちと向こう岸へ渡って行かれました。すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって沈みそうになりました。

弟子の中には漁師がいましたから、彼らの経験や知恵でその危険をやり過ごそうとしましたが、万策尽き、イエスを起こしました。すると、イエスは湖に向かって「黙れ、静まれ」と命じて、これを静めました。そして、弟子たちに言われました。「どうしてそんなに怖がるのです。信仰がないのはどうしたことです」

今日もイエスは、私たちに同じように問い掛けておられます。イエスの言われる信仰とは何か、理解しましょう。

1. 救い主イエスが共におられる

信仰とは、救い主イエス・キリストと一緒にいるという関係性です。イエスが共におられるから、どんなことが起ころうと、安心、平安があるという事実です。嵐は、私たちが信仰を働かせるための、神からの特別な訓練です。イエスが向こう岸へ渡ろうと言われたのですから、主の御言葉を信じ、進めばよいのです。

イエスは、私たちと共におり、平安があることを証明するために、十字架の血潮で贖(あがな)ってくださいました。どんなピンチがあろうとも、イエスが共にいてくださるという事実を忘れてはいけません。これが信仰で最も大切なことです。

2. ピンチの時にも平安が与えられる

私たちの人生も、風や波に苦しみ、不安、恐れ、恐怖でいっぱいになることがあります。しかし、どんなに絶望していても、なぜか平安が与えられる事実があります。それは、2千年たった今も、イエスがあなたの人生という舟の中に共にいてくださるからです。

イエス・キリストの十字架の血潮によって、罪、悪の力から守られているので、平安なのです。私たちの人生にも、「もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられる」と言われる主が、究極の近さで私たちと共におられ、平安の源となってくださいます。イエスが共におられること、そこには究極の平安があることを信じましょう。

主が言われる通りの信仰を働かせるなら、神の救いや恵みは、十分に与えられます。信仰を働かせ、前進してまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング