「テロリスト=イスラム教徒」ではない 国際宣教団体「OM」創設者

2017年10月27日16時21分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+「テロリスト=イスラム教徒」ではない 国際宣教団体「OM」創設者
国際宣教団体「OM」の創設者であるジョージ・バウワー氏(写真:キリスト教リソース見本市=CRE)

国際宣教団体「OM(Operation Mobilization)」の創設者である米国人宣教師、ジョージ・バウワー氏(79)は、テロによるイスラム教徒に対する恐怖心の増大が伝道の障害になっているとし、イスラム教徒への伝道の必要性を強調した。

OMは1960年、当時20代だったバウワー氏が立ち上げた宣教団体。現在は85カ国で3500人余りのスタッフが活動しており、世界で最も重要な宣教団体の1つに成長した。バウワー氏は最近、英サリー州イーシャーで行われた「キリスト教リソース見本市」(CRE)で基調講演し、次のように語った。

「あまりにも多くの人々がテロについて恐れを持ち、それについて話しています。ですが私たちは良い面を見なければいけません。狂信的なテロリストがイスラム教を象徴するものではないのです。彼らの最大の敵は、実際には他のイスラム教徒です。私たちはイスラム教徒たちに福音をもたらす必要があり、そこからそれるべきではありません」

「多くのイスラム教徒がキリストを信じるようになってきており、これが(テロリストに対する)恐怖よりも重要なのです。今日、歴史を学ぶ人々があまりいません。そして、過去に多くの大虐殺があったことを人々は認識していません」

16歳の時、米国の大衆伝道者ビリー・グラハム氏の集会で救われたバウワー氏は、その後すぐに宣教の道へ導かれた。欧州で行った夏の伝道プログラムをきっかけにOMをスタート。この夏の伝道プログラムの参加者は3年間で2千人余りに増え、活動はインドや中東など、まだ福音が伝えられていない地域へと拡大していった。

70年には、世界宣教と青年の訓練のために船舶を購入。現在は4代目となる「ロゴス・ホープ号」が運航しており、日本を含む世界各国を巡っている。船舶を使った活動は、伝道のみならず救援活動にも役立っており、ロゴス・ホープ号は現在、カリブ海に停泊し、ハリケーン被害者への支援活動を行っている。

今年で33回目となるCREは17日〜19日の3日間にわたって開催され、約200のキリスト教団体が参加した。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース