“洋上書店” ロゴス・ホープ号が日本寄港中 50万冊の本を備え、イベントも開催

2014年5月10日18時24分 記者 : 佐藤憲一 印刷
+“洋上書店” ロゴス・ホープ号が日本寄港中 50万冊の本を備え、イベントも開催
スタッフはすべてボランティア。2年間船上で生活するという。(写真:gbaships.org)

世界最大の「書店」客船、ロゴス・ホープ号(全長132.5m)が、長崎県の長崎港に停泊中だ。日本語の本を含む5千種以上、50万冊の本を備え、購入することができる。同港での一般公開と書店営業は12日(午前9時半〜午後9時半)まで。16日から石川県の金沢港で再開される。

およそ45カ国、400人の乗組員がボランティアで活動し、日本人5人も加わっている。長崎では「英語で話そう」「英会話カフェ」「一日船員体験」などのイベントが開催され、親子連れをはじめ多くの人で連日にぎわっている。

その後は石川県の金沢港に移動し、5月16日~26日の期間で一般公開と書店営業、イベントが予定されている。船内ツアーでは、ブリッジ、エンジンルーム、ダイニングルームなど船内の様子を見学することができる。

フェリー船から改造されたロゴス・ホープ。440人以上収容する客船でもある。(写真:gbaships.org)

ロゴス・ホープ号は、ドイツのキリスト教慈善団体GBA(Good Books for All)が運航している。各国の港を回り、小説や絵本、料理、科学、スポーツなど幅広いジャンルの本を市価よりも安く販売。途上国などでは旧版の本を寄贈したり、保健衛生などのセミナーを開いたりもしている。ボランティアチームが病院や学校、児童養護施設などを訪問することもある。

GBAはこれまでに、ロゴス号、ロゴス2号、ドゥロス号の各船を運航しており、ロゴス・ホープ号はGBAが保有する4隻目の船。一つの国に2週間ほど寄港し、世界各地の港から港へ通年で航海する。金沢港の後は、韓国、台湾、シンガポールへの訪問が予定されている。

■ ロゴス・ホープ号のサイト
http://www.logoshope.org/in/japan

5月16日~26日(金沢港)
日~火曜日 13:00~21:30
水~土曜日 10:00~21:30
(16日)13:00~21:30
(24日)9:00~12:00

入船料 :100円
船内ツアー:500円
※12歳以下は無料(12歳以下は保護者の同伴が必要)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース