米合同メソジスト教会と米国聖公会、「フル・コミュニオン」の協議大詰め

2017年5月24日23時37分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+米合同メソジスト教会と米国聖公会、「フル・コミュニオン」に向けた協議大詰め 草案を発表
米合同メソジスト教会(UMC)のロゴ(左)と米国聖公会のロゴ

米合同メソジスト教会(UMC)と米国聖公会の「フル・コミュニオン」へ向けた協議が大詰めを迎えつつある。両派間の正式な対話はこれまで約50年にわたり、両派の総会で承認が得られれば、2021年にも互いの洗礼や聖餐、教役者を認め合う関係が実現する。

両派による「聖公会・合同メソジスト協議委員会」は17日、フル・コミュニオンの草案に関する書簡(英語)を発表した。

書簡には、UMCオハイオ西部教区のグレゴリー・V・パルメロ監督と米国聖公会モンタナ教区のC・フランクリン・ブルックハート主教が署名。「長年にわたる対話を経て形成された関係と、現時点で統合に対する神学的障害がないという認識により、草案の発表に至る道が開かれました」と記されている。書簡の最後は、「私たちはこの草案が、分裂しつつある世界において一致と和解の意義深い証人となることを信じており、この成果を推進する上で皆さんが私たちに賛同されることを祈っています」と締めくくられている。

今年1月の同協議委員会において全会一致で採択されたフル・コミュニオンに関する第6草案(英語)によると、草案は2020年にUMCの総会、2021年に米国聖公会の総会で審議され、双方で承認される必要がある。承認されれば、2022年1月1日から発効する。

UMC監督会の信仰・職位・神学的発展のためのエキュメニカル担当幹事であるカイル・R・タウ氏は、クリスチャンポストに次のように語った。「(フル・コミュニオンは)両派がキリスト教信仰を共有し、聖職者が両派間で有効であることを正式に認めるものです。両派間の相違は、もはや教会の分裂と見なされません」

「このことが『フル・コミュニオン』と呼ばれる理由は、聖餐式を祝うことを通して個々の教会が交流し合うことに焦点を当てているからです」

「構造的、組織的には別々であるものの、洗礼と聖餐式を通して両派がキリストにあって1つの教会に結び合わされていることを、フル・コミュニオンは認識させてくれます」

これまでの対話の一環として、2015年1月には米国聖公会のワシントン大聖堂で、UMCの女性聖職者が米国聖公会の聖職者と共に聖餐式を執り行った。

米国聖公会宣教部門のエキュメニカル・宗教間対話担当者で、15年のワシントン大聖堂での聖餐式にも出席したリチャード・マンマーナ氏は、今回の発表を「喜びと希望に満ちた出来事」と表現した。

マンマーナ氏は同年、クリスチャンポストに対し、「(草案に盛り込まれている)ガイドラインは、両派間における共通の儀式や使命について規定しています。フル・コミュニオンを目指した神学的議論を行い、両派が段階的かつ慎重に前進していくに当たり、ガイドラインによって伝統の中で柔軟性を持つことが可能になります」と語っていた。

マンマーナ氏によると、米国聖公会はアメリカ合衆国長老教会=PC(USA)とも協議を継続しており、聖公会・ローマ・カトリック教会米国神学会議にも参加している。

タウ氏によると、UMCは既に、米国福音ルーテル教会やアフリカン・メソジスト監督(AME)教会、モラヴィア教会などの他の教派とフル・コミュニオンの関係にある。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース