蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(30)祭壇 ミュリエル・ハンソン

2017年2月10日12時13分 コラムニスト : ミュリエル・ハンソン 印刷

1957年に私たちが京都にいた時のことです。家の裏口から歩いて5分とかからず行ける所に、昔ながらの墓地がありました。そこは手つかずの自然そのままですが、荒れた感じではありません。刈られることもなく伸び放題になっている草は、風雨に晒(さら)されると櫛で梳かれたばかりのように、きれいになびいています。

墓地の周りは両方向に木々や茂みや畑が広がり、裏手には大学の建物が建ち並び、脇には小さな池があります。前方は墓地を縁取るように、小高い山の裾となる丘陵地帯がなだらかな広がりを見せています。

ここは私にとって、とっておきの場所でした。と言いますのも、ここには私のための祭壇があったのです。太陽の光もめったに差し込まない薄暗い、湿気を帯びたこの場所に、コケに覆われた祭壇を見つけました。祭壇とは小さな御影石のお墓のことです。墓石がベルベットのようにコケ生(む)しているさまは、周りの土と混じり合って、さながら緑のじゅうたんを敷いた1段だけの階段のように見えます。

この辺りは人目につかない場所ですが、格別に静かとは言えません。雨の日でもなければ、若者たちがハイキングをしたり雑談しながら、子どもの背丈よりも高い所にある山道を行き通い、子どもたちは池で餌ほどの小さな魚を釣っていたりしています。彼らのざわめきが大学のキャンパスまで、絶え間なく聞こえてきます。

けれども、そういった人の動く気配、騒音、談笑する声などの喧騒(けんそう)も、どういうわけか、全く私の耳に届いていないような気がします。すぐそばなのに遠く離れた別世界のようでした。墓地には大きさも形もさまざまな墓石が、数え切れないほど立ち並んでいます。墓石には古い文字で深く刻まれた碑文が施されてあります。

どうやら、その佇まいが私に天国を少しばかり近く感じさせたのでしょう。墓地そのものが天国を感じさせたわけではありません。ここに眠っている人たちの十中八九は救い主を全く知らなかった人たちなのですから。恐らく、イエス様の名前さえも聞いたことがなかったでしょう。その事はいつも私の頭にありました。

では、どうして、ここが、私にとってそんなにも聖なる地なのか、ですね? それは、ここにいると他のどこよりも、日々の仕事や責任から心が解放されるからです。そして、父なる神様の御声を聞こうと、いつもより集中して主に心を向けられる場所だからです。

ここは意識しなくても、自然に「祈りの園」になりました。心を乱すものも邪魔するものもなく、心して祈ることができました。そして、私の思いはただ1つ、キリストを知らない文化圏の人々に福音を宣べ伝える責務があるのだという使命感だけでした。

家庭での私室の祈りでは、決してこれほどの静かな霊的交わりは得られません。たぶん、家庭は仕事の場、責任ある場なので、それに関わる全てから離れて、祈りに専念するのは難しいのでしょう。

今では、遠い国にあるコケ生した私専用の祭壇を離れてから、随分と久しくなりました。あの祭壇に代わるものがまだ見つかりませんから、今の私はあの頃ほど聖霊に満たされているとは言えないような気がします。ここでは日々の生活に追われ、慌ただしくしています。

それに、この国の墓地は、広々としている上に、整然としていて、管理も行き届いています。公園もピクニック広場も同様です。あまりに人の手が入っているため、祭壇にするには不向きな気がします。でも、よく考えてみましたら、祭壇はいつも心の中にあるのですね! 真に主に感謝です。

「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる」(詩篇46:10)

「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る」(イザヤ30:15)

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
ミュリエル・ハンソン著『蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ

蜜と塩

読んでみて!

一人でも多くの方に読んでいただきたいエッセイです。聖書を読んだ経験が有る、無しにかかわらず、著者ファミリーの普段着の生活から「私もそのような思い出がある」と、読者が親しみを抱くエッセイです。どなたが読んでも勉強になります。きっと人生の成長を経験するでしょう。視野の広がりは確実です。是非、読んでみてください。

一つは、神を信じている者が確信を持って生きる姿をやさしく、ごく当たり前のこととして示しているからです。著者は、日本宣教のため若き日に、情熱を燃やしながら来日しました。思わぬ事故のためにアメリカへ帰らなければなりませんでしたが、生涯を通して神への信頼は揺るぎませんでした。

もう一つは、日常の中に働いている聖霊のお導きの素晴らしさを悟ることができるからです。私たちの日常生活が神様のご意志のうちに在ると知ることは、安心と平安を与えるものです。

さらに、著者のキリスト者生活のエピソードを通じて、心が温まるものを感じます。私たちの信仰生活に慰めと励ましが与えられます。信仰が引き上げられて、成長を目指していく姿勢に変えられていく自分を発見するでしょう。

長く深く味わうために、急がずに、一日一章ずつでもゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか。お薦めいたします。

ハンソン夫妻の長い友  神学博士 堀内顕

ご注文は、全国のキリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

ミュリエル・ハンソン

ミュリエル・ハンソン(Muriel Hanson)

ミュリエル・ウエッスマン(Muriel Wessman)はミネソタ州出身、カルヴィン・ハンソン(Calvin Hanson)はカリフォルニア州出身。2人は、イリノイ州シカゴにある福音自由教会聖書学校で出会う。その後、ディヤーフィールド(Deerfield)郊外にあるトリニティー(Trinity)神学校で学ぶ。両氏はウィートン大学(Wheaton)で学び、ミネソタ大学(Minnesota)を卒業。1947年6月7日に結婚。

夫がミネアポリスで牧会に携わっていた時の1949年3月、2人はアメリカ福音自由教会から日本への初代宣教師としての召命を受け、遣わされることになる。

【ミュリエル・ハンソン著書】(Amazon)
【ミュリエル・ハンソン著書】(イーグレープ)

《 プロフィール詳細を表示 》 / 《 非表示 》

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース