蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(28)読むならば ミュリエル・ハンソン

2017年1月13日23時03分 コラムニスト : ミュリエル・ハンソン 印刷

何年も前に京都にいたときのことを思い出しています。私は野外での集会を終えた後、止めてあるジープに乗り込みました。座席に座って外を見ていましたら、手渡されたヨハネの福音書の小冊子を、日本の人たちが興味深そうに受け取っていました。そのうちの1人は、その小さな赤い冊子を読むのに夢中で、ジープに真正面からぶつかり、向こう脛を打ってしまいました。

それでもなお、彼はジープをよけると別の方向に進みながら、鼻先を冊子に付けるようにして読みふけっていました。幸い、辺りに駐車している車といえば私たちのジープだけでしたから、また車にぶつかるような心配はなかったようです。

当時は読み物が乏しかったので、人々は活字なら何でも飛びついたものです。もっとも、この読書欲は、読む物が少なかったからという、ただそれだけの理由ではなく、日本人は一般に、学ぶ意欲、教養を身につけて、心を豊かにしたいという貪欲なまでに強い欲求があるように見受けられます。

私たちの国アメリカではどうでしょう。確かに本はたくさんあります。読者が大いに益となるような良書が、考えられないほどあるといえます。しかし、どういう訳か、この時代の趨勢(すうせい)として、要約本、短編集、新聞の短い記事、雑誌や定期刊行物などの方が、いわゆる書籍と呼べる本よりも好まれています。もちろん、それはそれで別に悪くはありませんが、そういった類の読み物はちょうどスナック菓子のようなもので、実質のあるしっかりした食事に代わるものではありません。

読書は大方が楽しみのためであり、現実逃避のためです。何かに失望したり、退屈していたり、孤独感に陥っているときに、面白い小説や赤裸々な自叙伝などを読むのに没頭することで、自分が他の誰かになったような気分を味わいたいのです。

本を読んでいれば、居心地の悪い現実から一時は離れられるでしょうが、読んだために、自分自身が根底から造り変えられるということはあり得ません。本はそこまで役に立ちはしないでしょう。教会の奥にあるテーブルから、日々のディボーション用の小冊子を手に取って、ある友人はこんなふうにコメントしました。

「この小冊子が日々の『糧』になるかしら。あえて言えば『パン屑』のようなものだわ。これを読んだだけで、命のパンである『聖書』を読んだ気になったのでは困りますよね」

身の回りに溢れんばかりにある軽い読み物やダイジェスト版を読む時間があったら、良書、とりわけ聖書を読みませんか。聖書を読むならば、より深い知恵が与えられ、より一層、心の豊かさが得られるでしょう。

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
ミュリエル・ハンソン著『蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ

蜜と塩

読んでみて!

一人でも多くの方に読んでいただきたいエッセイです。聖書を読んだ経験が有る、無しにかかわらず、著者ファミリーの普段着の生活から「私もそのような思い出がある」と、読者が親しみを抱くエッセイです。どなたが読んでも勉強になります。きっと人生の成長を経験するでしょう。視野の広がりは確実です。是非、読んでみてください。

一つは、神を信じている者が確信を持って生きる姿をやさしく、ごく当たり前のこととして示しているからです。著者は、日本宣教のため若き日に、情熱を燃やしながら来日しました。思わぬ事故のためにアメリカへ帰らなければなりませんでしたが、生涯を通して神への信頼は揺るぎませんでした。

もう一つは、日常の中に働いている聖霊のお導きの素晴らしさを悟ることができるからです。私たちの日常生活が神様のご意志のうちに在ると知ることは、安心と平安を与えるものです。

さらに、著者のキリスト者生活のエピソードを通じて、心が温まるものを感じます。私たちの信仰生活に慰めと励ましが与えられます。信仰が引き上げられて、成長を目指していく姿勢に変えられていく自分を発見するでしょう。

長く深く味わうために、急がずに、一日一章ずつでもゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか。お薦めいたします。

ハンソン夫妻の長い友  神学博士 堀内顕

ご注文は、全国のキリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

ミュリエル・ハンソン

ミュリエル・ハンソン(Muriel Hanson)

ミュリエル・ウエッスマン(Muriel Wessman)はミネソタ州出身、カルヴィン・ハンソン(Calvin Hanson)はカリフォルニア州出身。2人は、イリノイ州シカゴにある福音自由教会聖書学校で出会う。その後、ディヤーフィールド(Deerfield)郊外にあるトリニティー(Trinity)神学校で学ぶ。両氏はウィートン大学(Wheaton)で学び、ミネソタ大学(Minnesota)を卒業。1947年6月7日に結婚。

夫がミネアポリスで牧会に携わっていた時の1949年3月、2人はアメリカ福音自由教会から日本への初代宣教師としての召命を受け、遣わされることになる。

【ミュリエル・ハンソン著書】(Amazon)
【ミュリエル・ハンソン著書】(イーグレープ)

《 プロフィール詳細を表示 》 / 《 非表示 》

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース