エリザベス英女王、風邪でクリスマス礼拝欠席 ここ数十年で初めて

2016年12月27日14時06分 印刷
+エリザベス女王
英国のエリザベス女王(写真:英国防省 / Joel Rouse)

【CJC】英国のエリザベス女王(90)は25日、重い風邪のため、教会でのクリスマス礼拝を欠席した。ロイター通信などが報じた。女王がクリスマスの礼拝に出席しなかったのは、ここ数十年で初めてという。バッキンガム宮殿の報道官が明らかにした。

女王と夫のフィリップ殿下(95)は例年、クリスマスを過ごしているノーフォーク州サンドリンガムの邸宅への出発を1日遅らせ、22日にヘリコプターで移動した。

女王は、王室がウインザーでクリスマスを過ごしていた1960年代半ば以降、サンドリンガムでクリスマスを過ごすようになった1988年以降も、教会でのクリスマス礼拝には毎年出席していた。

フィリップ殿下やチャールズ皇太子と妻のカミラ夫人、他の王室メンバーらはそろって教会に歩いていく伝統行事に参加したという。

女王は英連邦諸国の国民に向けて事前に録画されたクリスマス恒例のメッセージで、「非凡なことを成し遂げる普通の人に会うたびに力をもらいました。ボランティアや介護者、コミュニティーのまとめ役、良き隣人といった人々です。日の当たらない英雄たちの目立たない献身、それが彼らを特別な人にしているのです」と述べた。

女王はマザー・テレサの言葉を引用し、「誰にでも偉大なことができるわけではありません。でも、偉大な愛で小さなことはできるのです」と語った。

女王はリオデジャネイロ五輪や自身の90歳の誕生日の祝賀行事に言及した半面、欧州連合(EU)からの離脱を決めた国民投票という、英国にとって今年最大の出来事には触れなかった。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース