教皇フランシスコ、クリスマスメッセージでテロ犠牲者に慰めの言葉

2016年12月26日20時10分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ=2015年6月7日(写真:Casa Rosada)

【CJC】ローマ教皇フランシスコは25日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂のバルコニーから、毎年恒例のクリスマスメッセージを読み上げ、「ローマと全世界」(ウルビ・エト・オルビ)を祝福した。

教皇は、メッセージの中で特に「この地球に住む人たち、とりわけシリアやウクライナ、そして聖地(パレスチナおよびイスラエル)をはじめ、世界中で行われている戦争や激しい紛争の結果、苦しんでいる全ての人たちの元へ平和が訪れますように」と祈り、テロの犠牲者たちに慰めの言葉を贈った。

6年近く続くシリアの内戦では「あまりにも多くの血が流され」、移住者、そして住居を追われる人々が数多く生じたとして、同国で銃声がやむことを求める、と教皇は述べた。

進展の兆候があまり見られない、イスラエルとパレスチナの問題に対しては「歴史の新たな1ページを記す勇気と決意を持つこと」、さらには「残忍なテロ行為の結果として大切な人を亡くした人たちには平安を希望する」と語った。

天候に恵まれた同日、世界のカトリック信徒12億人を率いる教皇を見上げる広場には、約4万人が集まったが、広場を埋め尽くすほどにはならなかった。

ドイツの首都ベルリンの「クリスマス市場」にトラックが突入し、12人が死亡した19日の事件直後の休祭日とあって、欧州では治安警備が大幅に強化されている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース