トランプ氏当選にバチカン国務長官やロシア正教会総主教が祝意 米福音同盟会長らが選挙結果の尊重求め声明

2016年11月12日23時46分 記者 : 行本尚史 印刷
+トランプ氏当選にバチカン国務長官やロシア正教会総主教が祝意、米福音同盟会長らが選挙結果の尊重求め声明
米アリゾナ州フェニックスで移民政策について演説するドナルド・トランプ氏=8月31日(写真:Gage Skidmore)

バチカン放送局(日本語版)は9日、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿が同日、米大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏に祝辞を述べたと報じた。それによると、パロリン枢機卿は声明で、トランプ次期米大統領を祝福し、その政権が多くの実りをもたらすことを祈ったという。

また、ロシア正教会モスクワ総主教キリルも9日、公式サイトでトランプ氏に「心からの祝意」を表した。

米国福音同盟(NAE)のリース・アンダーソン会長らを含む複数のキリスト教の指導者たちは8日、全ての米国人に対し、米大統領選の過程と結果を尊重するよう呼び掛ける声明文を発表していた。NAEが同日、公式サイトで伝えた。

「自らのキリスト教信仰に対する共通の責務と、自らの国に対する共通の愛を持つ、下記に署名した私たちは、この選挙の周期が深い分裂をもたらしやすい性格を持つことを認識し、自らの国の癒やしの始まりを求める」と、インターネット上の署名運動サイト「change.org」に掲載されている同声明文には記されている。

「民主党、共和党、独立派という自らの政治的な所属を超えて、私たちは、自らの国の繁栄を求める、名誉ある市民であり平和をつくるものとなるようにというキリストの招きを信じる者である。私たちは、自らの信教の自由を保障している憲法によって、自らが異なる信条や意見を持つことを認められていること、そしてそれが自らの国の一致と礼儀正しさを維持する文書であることを確認する」と、同声明文の署名者たちは続けて述べている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース