米大統領選でカトリックのトランプ支持率上昇

2016年4月26日11時27分 印刷

【CJC=東京】ロイター通信が「イプソス」と提携して行った世論調査によると、米大統領選で共和党候補指名を目指す不動産王ドナルド・トランプ氏に対する、カトリック教徒の共和党員支持率が上昇している。

2月18日、教皇フランシスコがトランプ氏のメキシコ国境における壁建設計画について質問された際、「架け橋でなく壁を作ることだけを考えるような人はキリスト者ではない」と発言した。トランプ氏はこれに対し、教皇が他人の信仰を評価するのは「不名誉なこと」と反論したが、後に教皇は「良い人」であり、おそらくメディアの伝え方が悪かったのだろうと述べている。一方、バチカン(ローマ教皇庁)の広報担当者は、教皇はトランプ氏を名指ししたわけでも有権者を誘導しようとしたわけでもないと指摘している。

世論調査では、教皇発言の50日前、カトリック教徒の共和党員によるトランプ氏支持率は39・8パーセント、50日後は47・9パーセントとなった。

支持率の上昇は共和党候補指名を目指す人数が1月時点の12人から3人に減ったことが一因とも見られている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース