スーダン、迫害に抗議したキリスト教徒4人を起訴 死刑の可能性も

2016年9月6日13時53分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+スーダン、迫害に抗議したキリスト教徒4人を起訴 死刑の可能性も
クワ・シャマル牧師(左)とハッサン・アブドゥラヒーム牧師(写真:ワールド・ウォッチ・モニター)

スーダンの首都ハルツームで、キリスト教への迫害を公に抗議した、スーダン人牧師2人と学生1人、援助団体職員1人の計4人のキリスト教徒が起訴され、裁判が行われている。

被告は、チェコ人の援助団体職員ペトル・ヤセックさん、南コルドファン州のヌバ山地出身のハッサン・アブドゥラヒーム牧師とクワ・シャマル牧師、ダルフール人の学生アブドゥルモネム・アブドゥマウラさんの4人で、内戦状態の同国におけるスパイ容疑と反乱分子への援助物資供給の罪で起訴されている。

パリを拠点にするオンライン新聞「スーダン・トリビューン」によると、検察当局は、ヤセックさんが米国の医療救済機関に渡したとされる写真や動画を証拠として提出しており、写真や動画には、ヤセックさんが医療救済機関の関係者と共にスーダンのヌバ山地にいる様子が映っているという。ヌバ山地には多くのキリスト教徒が住んでおり、南スーダン近郊に位置し、同国に併合された地域とつながっている。

キリスト教系の迫害ニュースサイト「ワールド・ウォッチ・モニター」によると、検察側の主張では、この医療救済機関が、拷問されたとされる市民らにインタビューする意図を持っていたという。

西側諸国の多くの外交官らが法廷で裁判を傍聴したが、被告らが有罪になった場合、死刑判決を受ける恐れがあるという。

米国務省の国際信仰自由特使であるデイビッド・サパースタイン氏は8月23日、裁判が開廷した際にツイッターで次のように述べた。

「拘留後に、クワ・シャマル牧師とハッサン・アブドゥラヒーム牧師の裁判が行われる。2人に対する判決が死刑になるのではないかと深く憂慮している」

ヤセックさんは昨年12月、入国の数日後にスーダンの国家情報安全保障局によって逮捕された。ヤセックさんは、米国に拠点を置くキリスト教迫害監視団体「殉教者の声」(VOM)と関わりを持っている。

検察側の主張では、4人は動画をねつ造し、スーダンで市民が殺害され、村々が焼かれ、キリスト教徒が迫害され、大量虐殺が行われていると偽証しているとされている。また4人は、スーダンに対して国際的な圧力を掛ける目的で、政府の印象を悪化させる情報を拡散した罪にも問われている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース