温故知神—福音は東方世界へ(53)景教小事典⑧川口一彦

2016年8月18日07時16分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
関連タグ:川口一彦
+温故知神—福音は東方世界へ(53)景教小事典⑧川口一彦
ガブリエルを「業利」と漢訳。唐代の中国では、「寺」は会堂、「主僧」は長老のこと。

唐代景教の聖書人物名の漢訳

景教徒たちが異教の地の中国に入って苦労したことは、翻訳ではなかったかと考えます。聖書を現地語に訳す場合、現地語の宗教用語や俗語を使用することもあります。景教徒たちは、神の呼び名を「真主、阿羅訶」(真の主、エロヒーム)としました。

現代日本語の聖書には神道用語の「神」が使われています。神道信者もイスラム教徒もキリスト者も「神様」との言葉を頻繁に意味を伝えないまま口にしている方が多くあり、その是非が問われてきました。それで多くのキリスト者は「天の父なる神」とか、「主イエス・キリストの父よ」と呼ぶ方がいます。

景教徒たちが漢訳した聖書人物名の一部を下記に記しました。

アダム ➡ 初人(景教碑に1回)、阿談(世尊布施論に5回)
モーセ ➡ 牟世(尊経に2回)
ダビデ ➡ 多恵(尊経に2回)
マリア ➡ 末艶(イエス・メシア経に4回)
ピラト ➡ 毗羅都思(イエス・メシア経に4回)
ペテロ ➡ 僧伽(ソグド語で石の意味のサンガの漢訳。志玄に14回)。岑穩僧法王(尊経に1回)、岑穩僧伽(シモン・ペテロ。志玄に13回)
マタイ ➡ 明泰(尊経に1回)
マルコ ➡ 摩矩辭(尊経に1回)
ルカ ➡ 蘆伽(尊経に1回)
ヨハネ ➡ 瑜罕難(尊経に1回)
バプテスマのヨハネ ➡ 谷昏(イエス・メシア経に3回)
パウロ ➡ 寶路(尊経に2回)
カイザル ➡ 寄悉(世尊布施論に2回)
ガブリエル ➡ 業利(景教碑に1回)

以上が、主な人物の漢訳名です。

兵庫県の千種川付近に多い大避(おおさけ)神社は秦河勝(はたのかわかつ)を祭り、一説に大闢(ダビデ)神社といわれ、景教と関連があるといわれてきました。しかし、景教のダビデの漢訳は多恵で、大闢は幕末時代に漢訳された旧約全書、新約全書に大闢とあることから、これと関連していますので、大避神社と景教とは文字上から見るなら関係がないかと考えます。

景教の名称が初めて付けられたのは唐代745年ごろで、消滅したのは860年ごろ、中国が元の時代になりますと、「十字寺会堂」「也里可温(エリカオン=福音)教」に変わりました。

混同されないために書きました。

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
景教のたどった道―東周りのキリスト教』(キリスト新聞社、2005年)

<<前回へ     次回へ>>

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

関連タグ:川口一彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース