クリスチャンとEU離脱:神は英国にEUを去れと命じたのか?

2016年6月29日19時41分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+クリスチャンとEU離脱:神は英国にEUを去れと命じたのか?
欧州連合(EU)からの離脱を呼び掛けるキャンペーンでは、聖句を引用するものもあった(写真:フェイスブック / Frank Witte)

多数のクリスチャンが23日、欧州連合(EU)からの離脱に賛成の票を投じた。

保守党のマイケル・アッシュクロフト氏の調査によると、キリストへの信仰を告白する人の58パーセントが、EU離脱に賛成の票を投じた。これは、英国全体の離脱賛成が52パーセントだったことと比べると、数値が高いことを示している。この数字は、7割が残留に投票したイスラム教徒やヒンズー教徒の有権者と比較すると、より鮮明になる。

このような結果になった理由は幾つか考えられる。

どうやらその理由は民族性に関係しており、信仰とはほとんど無関係のようだ。過去と比べれば少なくなったものの、英国のキリスト教徒のうち93パーセントは白人だ。それとは対照的に、英国在住のイスラム教徒の3分の2はアジア系である。アッシュクロフト氏の調査によると、アジア系の67パーセントと黒人の73パーセントは残留に投票しているが、白人は47パーセントだけである。

あるいは年齢と関係しているのかもしれない。2011年に行われた英国の国勢調査では、キリスト教徒だと答えた人の5人に1人は65歳以上だ。英国在住のイスラム教徒の半数近くは25歳未満であり、それに比べるとはるかに年齢が高い。また、18~24歳のうち73パーセントが残留に投票しているのに比べ、65歳以上で残留に投票したのは40パーセントだけだ。この数字を見れば、年齢が指標になっていることは明確である。

しかし、EUに対する信仰的疑念の底流は、英国で拡大した。その疑念は、今回の投票で有権者が意識してきた移民問題や統治権、経済や民主主義、その他とは何ら関係がない。

多くのブログやウェブサイト、また「預言の言葉」と呼ばれている見解が、EUの霊的側面に関する恐れを助長したのだ。「預言的」とされるウェブサイトの多くは、極端な陰謀論と紙一重だが、EUの闇ともいえる一面に警鐘を鳴らしている。

「エレル・ミニストリーズ」という影響力のあるブログは、キリスト教徒がEU離脱に賛成すべき「深い霊的な理由」について論説していた。投票翌日の朝には、「神は語られた」というタイトルで、投票結果は「多くの祈りに対する答えだった」「神は英国を、EUの可視的な霊的支配から解放してくださった」と、ブログ主のピーター・ホロビン氏は書いている。

同様に、「カンザス・シティー国際祈りの家」のワーシップリーダーを務めるジュリー・メイヤー氏は、「(神の)目は欧州に注がれている」と述べた。「欧州に対する預言」というタイトルのユーチューブの動画の中で、メイヤー氏は2012年にこう述べている。

「主は捕らわれ人たちを自由にします。それは英国から始まるでしょう。主は言われます。『英国を注視していなさい』」

「いまだかつてない大いなることが英国に訪れようとしています。野火のようにです。あなたがたは、英国の素晴らしい物語の一部です。その筋書はまだ完結していません。物語は、これから益々大きく展開していきます」

ホロビン氏とメイヤー氏は影響力のあるカリスマ派のキリスト教徒で、反EUのメッセージを伝えている。彼らが主に意識しているのは、EUには邪悪な霊的力が働いているということだ。

クリスチャンとEU離脱:神は英国にEUを去れと命じたのだろうか
欧州議会のビルの外に立つ雄牛にまたがる女性像(写真:agraduateseu.files.wordpress.com)

この信条の中心には、雄牛にまたがる女性像が欧州のシンボルになっていることがある。このシンボルは、ギリシャ神話のエウロペにちなんでEUが選んだもので、多くのEUの公邸や建造物、書類などに見られる。

しかし、一部のカリスマ派にとって、このシンボルはヨハネの黙示録17章に出てくる「赤い獣にまたがっている一人の女」にまつわる、黙示的な警告をほうふつとさせるのだ。黙示録によると、獣にまたがっている女は、「地上の忌まわしい者たちの母」であり、神によって滅ぼされることになっている。

また、フランスのストラスブールにある欧州議会のビルが、ピーター・ブリューゲルが描いた、創世記11章の「バベルの塔」を模倣していると指摘する者もいる。EUの支持者は、それは欧州が今後も発展することを象徴するものだとしているが、一部のカリスマ派にとっては、EUが神に敵対することを象徴している。彼らをさらに怒らせたのは、EUが「多くの言語、一つの声」をスローガンにしたことだ。

クリスチャンとEU離脱:神は英国にEUを去れと命じたのだろうか
欧州議会のビルが、ピーター・ブリューゲルが描いた創世記11章の「バベルの塔」を模倣していると指摘する者もいる。(写真:jesus-is-saviour.com)

EUに対する信仰的疑念の大半は、米国で生まれている。著名な伝道者ビリー・グラハム氏の息子であるフランクリン・グラハム氏をはじめとする福音派指導者らは、今回の投票結果は「歴史的」で「栄光溢れる機会」となったと評価している。

こうした一握りのキリスト教徒たちが、EU離脱に投票した英国のキリスト教徒だと自認する58パーセントの人々に、どこまで影響を及ぼしたかを推し量ることは難しい。

だが、ほんの一部だとしても、彼らが幾つかの教会に影響を及ぼしたことは確かだ。福音派のキリスト教徒である自由民主党の党首、ティム・ファロン氏の懸命な努力にもかかわらず、一部の英国国教会の主教らが恐れていた通り、EUは反キリスト教的だとする漠然とした概念が、キリスト教界に根づいた格好だ。

アッシュクロフト氏の調査では、全回答者の54パーセントがキリスト教徒だった。推論がどうであれ、英国のキリスト教徒の多くはEUに懐疑的で、離脱に票を投じた。EUの経済的、霊的、文化的利得に関してキリスト教徒たちを説得できなかったことは、EU残留派にとって壊滅的な失敗であり、英国の姿を永久に変える結果となってしまった。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース