「歴史的規模」 ルイス・パラウ氏、母国アルゼンチンで超巨大集会

2008年3月19日03時36分 印刷
+数十万人の聴衆を前に、力強いメッセージを伝えるルイス・パラウ氏=3月14・15日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで(ChristianPost、Luis Palau Association)
数十万人の聴衆を前に、力強いメッセージを伝えるルイス・パラウ氏=3月14・15日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで(写真:ルイス・パラウ協会)

行きゆくスタッフ、参加者すべてが異口同音に「歴史的だ」と語る。世界70カ国、1200万人に福音を伝えた世界的伝道者ルイス・パラウ氏による超大規模伝道集会「パラウ・フェスティバル」が先週末、同氏の母国アルゼンチンで開催された。首都ブエノスアイレスにある両側20車線と世界一幅が広い通り「7月9日通り」を封鎖しての開催に、国内各メディアも大々的に取り上げた。

「我々は『歴史的』という言葉を少し頻繁に使いすぎていると思っている人がいるかもしれない。パワフル、そうだ。信じられない、これはいつも。神の栄光だ、もちろん。しかし、歴史的か?そう、この言葉は慎重に使うべき言葉だ。この言葉は、このような集会のために取っておくべき言葉だ」と、パラウ氏の秘書ジェイ・フォーディス氏は語った。

集会は2日にわたって行われ、主催したルイス・パラウ協会のスポークスマン、クレイグ・チャスティン氏によれば、幅140メートル以上の「7月9日通り」を8区画にわたって封鎖し、14日には30万人以上、15日には50万人以上が参加。パラウ氏の母国ということもあり、集会は前例にないほどの歓迎を受け、大成功を収めたという。

パラウ氏は先週初め、ノンクリスチャンの実業家らを対象にした1000人規模の晩餐会のほか、牧師、クリスチャン実業家ら1500人以上が参加する会議も開催。晩餐会では、約180人がキリストを信じる決心をしたという。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース