とことん注ぎ出されたキリストの愛 万代栄嗣

2016年3月28日21時56分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「さて、過越の祭りの前に、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時が来たことを知られたので、世にいる自分のものを愛されたイエスは、その愛を残るところなく示された。夕食の間のことであった。・・・イエスは、父が万物を自分の手に渡されたことと、ご自分が父から来て父に行くことを知られ、夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、腰にまとっておられる手ぬぐいで、ふき始められた。・・・」(ヨハネ13:1~11)

私たちがそもそも「幸せだ」と言えるのは、御子イエスの十字架の贖(あがな)いと復活により、罪から救われ、永遠の命を頂き、福音に生きることができるからです。イエスの愛がどのようなものか、もう一度あなたの心に刻み込んでください。

この箇所は、一般に「最後の晩餐」と呼ばれる場面が記されています。ヨハネ以外の三福音書では、最後の晩餐の中での最初の聖餐式が記されています。ヨハネは、その中で「洗足」に着目し、その場面をしっかりと書き記しました。翌日イエスは十字架にかけられる、という緊迫感が漂う中での出来事だったのです。

ヨハネはイエスの愛を記したかったのです。死ぬことを悟られたイエスはご自身の愛をとことん、徹底的に最後の瞬間まで弟子たちに表されました(13:1)。そのイエスの愛を3点に絞って見ていきましょう。

1. 奴隷になるまでして愛してくださった

イエスは「奴隷」にまでなって私たちのことを愛してくださるのです(4、5)。普通の人がやりたくない忌み嫌われたことをするのが「奴隷」です。イエスは食事中に弟子たちの足元にひざまずき、彼らの足を洗われたのです。

客人の足を洗うことは、当時の奴隷の仕事でした。イエスは私たちの「奴隷」となり、罪の犠牲のいけにえにまでなって私たちに仕えられたのです。このイエスの愛を忘れてはいけません。

2. 徹底的に関わろうとされる主の愛

足を洗うことによってイエスが表されたのは、弟子たち、私たちとの強い結びつきです。今の時代、日本で幸福度が上がらないのは、寂しい人が増えたからです。主が求めておられるのは私たちとの関わり、何があっても切れない絆、私たちの死を通り越して天国での永遠の命にまで私たちを引き寄せ愛してくださるつながりです。

そんなまことのぶどうの木であるイエスと私たちがつながっていられるのは、イエスが一方的に私たちを引き寄せ、愛し救い、そして主となってくださったからです。命を捨ててまで私たちを愛し一人一人の人生に寄り添ってくださるイエスこそが「主」であると受け入れ、感謝しましょう。

3. 私たちの理解力を超えた愛

キリストは、私たちの理解力をはるかに超えた愛で私たちを救ってくださったのです(6、7)。イエスが何度話されても、弟子たちには受難のことを理解することはできませんでした。

けれど、十字架、復活、聖霊降臨を通し、キリストが「救い主(ぬし)」であったことが弟子たちに理解できたのでした。罪の自覚さえなく悔い改めのできなかった私たちのために、キリストは自ら死んでくださいました。そんなキリストの十字架を表す「洗足」、弟子たちの足を洗われたイエスでした。

ペテロたちだけでなく、キリストの愛は私たちのためにも注がれました。イエスを心から感謝して歩んでまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース