受難週と復活「互いに愛し合う教会」の誕生物語(1)今あなたには分からないが・・・ 森正行

2016年2月27日21時03分 コラムニスト : 森正行 印刷
関連タグ:森正行

今あなたには分からないが・・・

「主イエス・キリストの受難と復活」は、人類の罪の救済をテーマとして語られる場合が多いのですが、これはまた「主の教会の誕生」の物語でもあります。キリストの受難と復活は、教会誕生のためでもありました。

神は人知をはるかに超えた深遠なるご計画をもって、事を進められました。

特に、ペテロにとっては、痛恨の極みでしかなかった「キリストを知らない」と言ってしまったことの慟哭(どうこく)と苦悩の体験を、主はなんと「互いに愛し合いなさい」「あなたがたはキリストの体です」との御言葉の成就のために用いられました。

この出来事は、神の憐れみの深さと、私たちがいかにして愛し合うかを教えてくれるのです。この度の「受難週と復活」の期間における14回のショートメッセージは、主に選ばれた弟子たちが、神の憐れみと恵みによって、いかにして「互いに愛し合う教会」の誕生へと導かれたのか、このことに焦点を当てて、私たち自身を見つめ直すときとしてまいりましょう。

ユダが出て行ったとき、イエスは言われた。「今こそ人の子は栄光を受けました。また、神は人の子によって栄光をお受けになりました。

神が、人の子によって栄光をお受けになったのであれば、神も、ご自身によって人の子に栄光をお与えになります。しかも、ただちにお与えになります。

子どもたちよ。わたしはいましばらくの間、あなたがたといっしょにいます。あなたがたはわたしを捜すでしょう。そして、『わたしが行く所へは、あなたがたは来ることができない』とわたしがユダヤ人たちに言ったように、今はあなたがたにも言うのです。

あなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」

シモン・ペテロがイエスに言った。「主よ。どこにおいでになるのですか。」イエスは答えられた。「わたしが行く所に、あなたは今はついて来ることができません。しかし後にはついて来ます。」

ペテロはイエスに言った。「主よ。なぜ今はあなたについて行くことができないのですか。あなたのためにはいのちも捨てます。」

イエスは答えられた。「わたしのためにはいのちも捨てる、と言うのですか。まことに、まことに、あなたに告げます。鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言います。」

(ヨハネ13:31~38)

主よ、どこにおいでになるのですか」(36)。イエス・キリストの受難の週は、着実に駒を進める神のご計画とは対照的に、弟子たちにとっては、事の成り行きを理解しようと努めたのでしょうが、何がどうなっているのかさっぱり分からない、将来も見えない混乱を極めた一週間でした。

「神は私に、いったい何をなさろうとされているのだろう」と。当時の弟子たちがそう思ったように、現代の私たちがそう思うことは、おかしなことではありません。

神を信じて歩む信仰生活は、いろいろなたくさんの疑問があって当然です。私たちは、神の御心や解決方法を「早く知りたい」と思うことが少なくないのですが、あせらず「神様、真実を教えてください」と祈りながら、ディボーションを続けてまいりましょう。

【祈り】 神様、私には分からないことがたくさんあります。真実を教えてください。

<<前回へ     次回へ>>

森正行

森正行(もり・まさゆき)

1961年兵庫県西宮市出身。建設専門学校卒。不動産会社、構造建築事務所にて土木・建築構造設計部門を5年間勤務。1985年受洗。関西聖書神学校卒。岡山・岡南教会にて伝道師・副牧師3年間奉仕。1995年より現在、日本イエス・キリスト教団宮崎希望教会牧師。

関連タグ:森正行

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース