「難民の数を減らす必要あり」ドイツのカトリック枢機卿が語る カリタスや福音主義教会は難民支援を継続

2016年2月9日11時37分 記者 : 行本尚史 印刷
+「難民の数を減らす必要あり」ドイツのカトリック枢機卿が語る カリタスや福音主義教会は難民支援を継続
ドイツのラインハルト・マルクス枢機卿(写真:Wolfgang Roucka)

ドイツのカトリック枢機卿は、6日付のパッサウア・ノイエ・プレッセ紙とのインタビュー記事の中で、ヨーロッパに入ってくる難民について、「教会として私たちは難民の数の削減が必要だと述べている」と語った。

ドイツ司教協議会の公式サイトにも掲載されたこの記事で、ラインハルト・マルクス枢機卿は、ドイツは難民に対してその慈しみをどれほど長く差し伸べられるのかと問われ、「ドイツは世界で欠乏のうちにある全ての人々を収容することはできない」などと答えた。

しかしその一方で同枢機卿は、「憐れみに限界はない」とも答え、「ヨーロッパに入ってくる人たちは誰もが尊厳をもって扱われ、公正な裁判を受けなければならない。ヨーロッパの境界線は死の限界であってはならない。何千人とも推計される難民がすでに地中海に入ってきて死んでしまったのは残念だ」と付け加えた。

ドイツではアンゲラ・メルケル首相がシリアやイラクなどからの難民を受け入れる方針を決定したが、反イスラム運動団体「ペギーダ」や右派政党「もう一つのドイツ(AfD)」などが反対しており、世論は賛否両論に分かれ、メルケル首相への批判も高まっている。

一方、カトリックの社会活動・救援活動団体である国際カリタスは4日、シリア難民の子どもたちの精神衛生を守るためにもっと行動を要求するとの記事を公式サイトに掲載。ドイツのカリタスも同国に入ってくる難民を支援する方針を公式サイトで示している。そしてカリタス・ジャパンも、ヨーロッパ難民・移民受け入れ支援のための緊急募金を続けている。詳しくは同団体の公式サイト

「難民の数を減らす必要あり」ドイツのカトリック枢機卿が語る カリタスや福音主義教会は難民支援を継続
オーストリアとドイツの国境にある旧税関。ドイツの役人たちによる登録を待つ難民のための、その場しのぎの収容所となっている=2015年9月23日、ザルツブルクで(写真:Eweht)

また、同国のプロテスタント教会であるドイツ福音主義教会連盟(EKD)は1月22日、難民の状況に関する声明文を発表し、マタイによる福音書22章37節から39節にある神への愛と隣人愛についてのイエス・キリストの言葉や、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイによる福音書7章12節)、「正義が造り出すものは平和であり」(イザヤ書32章17節)などを引用。

EKDはその声明文の中で、「ドイツとヨーロッパにおける状況は疑いなく深刻だ」として、難民受け入れの困難な状況を認め、「難民支援に必要な資源を見つけなければならない」と訴える一方、「しかしながら、それを現実以上に悪いものとして示すことは逆効果だ。国家機関は高い程度の安定性をもたらしている。同じく高いのが、課題に立ち向かい個人的に関わる国民の意志である」としている。

その上で、「ドイツ福音主義教会連盟は、これが将来もその通りであるようにと確実にすべく、力の限りあらゆることを行う」と明言。「関わってくださっている全ての方々に感謝をもって、皆さんが自ら貢献してくださるよう促すものである」と結んでいる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース