中東から離散したコプト正教会の主教、教会による難民の助け方を考える

2016年1月28日23時53分 記者 : 行本尚史 印刷
+中東から離散したコプト正教会の主教、教会による難民の助け方を考える
英国コプト正教会のアンジェロス主教(写真:Peter Williams/WCC)

コプト正教会のアンジェロス主教は、難民や中東のキリスト教徒について語るとき、威厳をもって語る。カイロ生まれの同主教は、中東とアフリカから離散した一人で、今は英国のコプト正教会の総主教である。同主教は難民危機に関する世界教会協議会(WCC)と国際連合(国連)のハイレベル会議で発言した。WCCが公式サイトで25日に伝えた。

「私たちは豊かでない郊外からより豊かな所へと離れていく人々が、より良い生活の質を求めているから、彼らについて語っているのだというわけではない。これらは、自らとその家族のために保護と安全を見つけようと、戦争で引き裂かれ、貧困に打ちひしがれ、そして紛争に満ちた古風な国家を離れていく人々である」とアンゲロス主教は語った。

アンジェロス主教は「これは個別の人や教会・国または組織よりもっと広くてより複雑な問題であり、だから私たちができる、そしてなすべき最低限のことは、協力のために働くことだ」と説明した。

1月18日から19日までのこの会議は、WCCが主催し、国連児童基金(UNICEF)、国連人口基金(UNFPA)、そして国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が共催した。

子どもの頃、アンジェロス氏は自らの家族とオーストラリアへ移住し、子ども時代と若い頃をそこで過ごした。

学問を修めた後、アンジェロス氏は1990年にエジプトへ戻り、エジプト北部の町ワディナトルーンにある聖ビショイ修道院に加わり、そこで後に教皇シェノウダ三世によって修道士とされた。

アンゲロス氏は今、英国にある自らの教会の最高責任者を務め、英国およびアイルランド教会一致(CTBI)の議長として仕えている。

「CTBIで、私たちは、向こう3年間にわたって難民の問題に焦点を当てている」と同主教は語った。

同主教は難民を助ける教会の役割の重要性を強調した。

「私たちは教会としては世界で最大のNGO(非政府組織)だ。もっとも、私たちは単にそれだけにとどまるのではなく、キリストの体であるが」と同主教は述べた。

「私たちの一致を保つのは社会の慣習でも国際的な布告でもない。これは聖書の命ずるところなのであり、私たちは、一つの体に一つの頭を持ち、一つの部分が苦しめば、全ての部分が共に苦しみ、一つの部分がとらわれれば、全ての部分が共にとらわれるという、キリストの体として生きるようにという戒めなのだ」とアンジェロス主教は語った。

同主教は解決策を提案した。「私たちは、世界教会協議会として、中東の地上にあるこれらの諸教会を代表しており、そして過去の年月にわたって多くの人々に語り掛け、そしてアルビール(イラク北部の都市)やギリシャとマケドニアの国境を訪問し、そしてすぐにヨルダンにあるキャンプを訪問することになるが、明らかになったのは、キリスト教徒が登録されていないということだ」とアンジェロス主教は述べた。

「私たちは地上にある自らの教会のネットワークを用いてこの登録のプロセスを助けなければならない」

「地上にあるこれらの教会は、牧会の知識と経験、敬意と誠実さを持っており、地域社会に信頼されている。もし人々が登録されていなければ、彼らは疑いをかけられて不利な立場に置かれ、クリスチャンであろうとなかろうと、自らの宗教のために、そして国際的な計画への平等な参加ができないことで、迫害されるのだ」

同主教は中東におけるクリスチャンの減少について触れた。「かつて中東では人口の25パーセントがクリスチャンだったのが、今ではそれが5パーセントぐらいであり、そして悲劇的なことにその5パーセントのうちの4パーセントがエジプトにいる」

「私たちが教会として、国々として、そして世界共同体として沈黙していることは、これを助長する要因の一つとなってきたのだ。私たちは人間の尊厳が持つしきい値を下げてしまった。つまり、人々が死んでいなければ、それは容認できるものとなってしまったわけだ・・・。しかし、それでもなお、神から与えられた権利と自由が侵害されている人たちを守るのは、私たちにかかっている」と、同主教は述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース