教皇、就任直後にバチカン放漫財政に激怒

2015年11月9日23時41分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ(写真:Jeffrey Bruno)

【CJC=東京】2013年に選出された直後、バチカン(ローマ教皇庁)の「手に負えない」体制を目の当たりにした教皇は、教会の幹部らを前に、膨れ上がる人件費、チェックなしの支出、そして不当な代金を請求する業者との裏取引のせいで教会の財政は破綻に向かっているとして、怒りをあらわにした、とAFP通信が報じた。

教皇の怒りの声を耳にしたのは、一握りの枢機卿やバチカン経済部門機構改革委員会の委員だけのはずだった。だがこの時、ひそかに発言が録音されていた。

それから2年、録音された音声が、イタリアの著名な調査報道ジャーナリスト、ジャンルイージ・ヌッツィ氏の新著『聖堂の中の商人たち』の中で再現された。

11月4日に出版記念会見を行ったヌッツィ氏によると、教皇とバチカン内部の利権享受者との消耗戦は現在も続いており、教会変革に向けた闘いに教皇が勝利できるかどうかはまったく不透明だそうだ。

ヌッツィ氏は、世界各地のカトリック信者が「ペトロのペンス」という献金制度を通じてバチカンに寄せた献金のうちの6割がバチカンの赤字の補填(ほてん)に使われ、2割が準備金口座に回されており、本来の目的である慈善活動のために教皇が受け取るのは2割にとどまっているという。

このほど刊行されたエミリアーノ・フィッティパルディ氏の著書も、「ペトロのペンス」について同様の指摘をしている。2013年の同制度での献金総額は3億7800万ユーロ(約500億円)という。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース