60年安保世代の教会員「若者と女性に希望」 上智大教員「社会的連帯に深い感慨」 国会前で12万人が安保法案反対

2015年8月31日11時33分 記者 : 行本尚史 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+60年安保世代の教会員「若者と女性に希望」 上智大教授「社会的連帯に深い感慨」 国会前で12万人が安保法案反対
8・30大行動の実行委員会本部が設けられた国会正門前ステージ付近の様子。左に見えるのは上智大学教職員有志や仏教者ののぼり=30日、国会前で
- 広告 -

30日午後2時から4時まで、時折降る雨にもかかわらず、国会周辺と全国で安保関連法案の廃案を求める「戦争法案廃案!安倍政権退陣!8・30国会10万人・全国100万人大行動」が行われ、国会周辺で12万人、全国で数十万人(いずれも主催者発表)が参加した。

国会正門前ステージでは、仏教者やキリスト者などの平和運動団体「宗教者九条の和」代表で聖護院門跡(京都市)門主の宮城泰年氏が宗教者を代表してスピーチを行った。1931年生まれの仏教指導者である宮城氏は、戦時中、中学2年から15歳で終戦を迎えるまで竹やりで軍事教練に明け暮れ、それを「批判することすら許されなかった」と語った。

そして、「憲法9条をないものにした場合、私たちの人間性がたちまち失われていくことは、2012年に自民党が『公共と公の秩序』を優先する改憲草案にはっきり出ている」と指摘。その上で、政府に対して声を上げるために、「私たちは最後まで心から偽りのない生き方をしなくては」と訴えた。

60年安保世代の教会員「若者と女性に希望」 上智大教授「社会的連帯に深い感慨」 国会前で12万人が安保法案反対
国会前の本部ステージでスピーチを行う「宗教者九条の和」代表で聖護院門跡(京都市)門主の宮城泰年氏

「SEALDs」(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)設立メンバーの奥田愛基さんは、安倍晋三首相が21日に参議院特別委員会で民主党の蓮舫議員に対し、「そんなことどうでもいいじゃん」と野次を飛ばしたことに触れ、「どうでもいいなら総理を辞めろ!」などと叫んだ。また、続いてスピーチを行った音楽家の坂本龍一氏と握手する場面も見られた。

日本バプテスト連盟の牧師でホームレス支援全国ネットワーク代表の奥田知志氏は、「家族のことを話そう」という見出しの東京新聞の記事(23日付)で、長男の愛基さんが仲間たちと今年5月にSEALDsを立ち上げたことなどを語っている。

一方、「安保関連法案に反対するママの会」のメンバーが、「ママは諦めません。絶対に戦争法案を止めます」と決意を表すると、参加者は大きな拍手を送った。

沖縄のヘリ基地反対協議会共同代表の安次富浩氏は「安倍政権は安倍サタン政権だ」と批判。「安倍政権を打倒しましょう。戦争法案、辺野古基地建設、さらに原子力発電所の再開を絶対に止めていく」と呼び掛け、「そのことに私たちの未来がある」と語った。

60年安保世代の教会員「若者と女性に希望」 上智大教授「社会的連帯に深い感慨」 国会前で12万人が安保法案反対
国会正門の正面に集まった「SEALDs」などの若者や多くの参加者たち

他に、4人の野党議員に加えて、「戦争させない1000人委員会」呼び掛け人の一人でルポライターの鎌田慧氏、法政大学教授の山口二郎氏、講談師の神田香織氏、映画監督の神山征二郎氏、法政大学名誉教授の袖井林二郎氏、過剰警備監視国会議員団のメンバーで参議院議員、ジャーナリストである有田芳生氏、「安全保障関連法案に反対する学者の会」呼び掛け人の一人である池内了氏、作家の森村誠一氏、明治大学教授の浦田一郎氏、日本弁護士連合会の山岸良太氏などがスピーチを行った。

国会正門前でこの行動に参加した、日本基督教団西方町教会員で同教会九条の会メンバーの高橋巨泰(なおやす)さん(71)は、集会の終了後、本紙に対し、自らが高校1年生だった岸信介政権の時に、60年安保条約の改定がされたのを思い出しつつ、「若い人たちがようやく参加しているのがいいと思う。自主的に、政治的スタンスに関係なく立ち上がっている。女性の反対が多い。ようやく根付いているんだと思う」と感想を語った。

60年安保世代の教会員「若者と女性に希望」 上智大教授「社会的連帯に深い感慨」 国会前で12万人が安保法案反対
白黒の巨大な風船の群れにつるされた垂れ幕には、大きな黒い文字で「安倍やめろ!」と書かれていた。

高橋さんは、日本国憲法が作られたときに連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)で女性の権利を定めるよう提言した故ベアテ・シロタ・ゴードン氏に言及し、「女性と若い人たちが主役になりつつある。希望をそこに見いだしたい」と語った。

また、この集会でのぼりを掲げた、安保法案廃案などを求める上智大学教職員有志のメンバーで、同大総合人間科学部教授の澤田稔氏は本紙に対し、「今まさにこの国の歴史が動いている、それを現場で目撃しているという気がしました。これこそ(党派性や立場を超えた)社会的連帯なのだなと深い感慨を覚えました。教職を目指す本学学生から、のぼりと私を見て声を掛けられたことも、非常に頼もしく、うれしく感じました。どんなに政府が強がっても、あれは嫌でしょう。それだけのインパクトを残したと思います。まだまだ、このうねりは拡大すると感じます」と語った。

この大行動を主催した「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」実行委員会の高田健氏は、この集会の終わりに、参加者数が同実行委員会の集計で12万人、全国で数十万人と発表し、「(大行動は)大きく成功しました。本当にみなさんのご協力に感謝いたします」と語った。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング