思慮を得る者は自分を愛する者(2)もう一つの知識 神内源一

2015年8月14日19時28分 コラムニスト : 神内源一 印刷

エルサレム入城の時、「ホサナ。主の御名によって来られる方に」と多くの人に歓迎されたイエス様がその後十字架にかかるとは、誰が想像できたでしょう(マタイ21:8、9)。

しかし、そこに弔いの香油を用意したマリアという女性がいました。イエス様が十字架にかかる前に、マリアだけが目を開かれて、ナルドの香油を準備したのです(マタイ26:7~13、ヨハネ12:3)。何人もイエス様の前にいました。しかし、彼女以外に、その事が分かっていた人は誰もいませんでした。

今あなたが、神が本当におられると信じ、求めるなら、神はあなたに答えて、その目を開かせてくださるでしょう。「ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです」(Ⅰコリント1:24)とあります。イエス様を分からずして、神の知恵は分かりません。イエス様そのものが神の知恵なのです。

「しかしあなたがたは、神によってキリスト・イエスのうちにあるのです。キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義と聖めと、贖いとになられました」(Ⅰコリント1:30)

私たちの目が開かれるのは、「キリスト・イエスのうちにある(in Christ)」という状態にあるときです。目の前の状態だけを見ている人は、どうしてこんなひどい目に遭うのかと悩むでしょう。しかし、神の知恵を受けた人は、キリストの中にある自分を信じています。そのキリストの中にある自分は、「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです」(ピリピ4:13)という人です。

「キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされた」(Ⅰペテロ2:24)。その人は、「私は現実には病の中にあるけれど、すでに癒やされた!」と信じることができるのです。そして、信じるがゆえに、そのことが現実に起こってくるのです。

「私たちの語るのは、隠された奥義としての神の知恵であって、それは、神が、私たちの栄光のために、世界の始まる前から、あらかじめ定められたものです」(Ⅰコリント2:7)

私たちが知ることは、「隠された奥義」、ミステリーなのです。それは、神の知恵によって隠されています。神によって私たちの目が開かれたとき、自分はなんと神に愛されているのか、なぜこんなに祝福されているのかが分かってきます。それがまだ分からない人は、どうぞ、神の前におそれを持って近づいてください。

弟子たちに、どうしてあの種まく人の例えが分かったのでしょうか(マタイ13章)。それは、イエス様に聞きに行ったからです。まだ分からないと放っておくなら、いつまでもそのままです。ところが、イエス様に聞きに行った弟子のように、「神様、教えてください」とあなたが願うなら、それが解かれていくのです。

聖書にこのような言葉があります。

「わたしの民は知識がないので滅ぼされる。あなたが知識を退けたので、わたしはあなたを退けて、わたしの祭司としない。あなたは神のおしえを忘れたので、わたしもまた、あなたの子らを忘れよう」(ホセア4:6)

多くの人が、祝福されない人生を歩みます。また、クリスチャンであっても、祝福される人とされない人とがいます。その違いは何かというと、「知識がない」からです。

どうしたらもうかるかといったこの世の知識ではありません。神の知識がないので滅びるのです。なぜでしょうか。それは、「神のおしえを忘れた」からです。神の知識を退けたので滅ぼされるのです。あなたが幸せになるためのミステリーが、聖書の中に、神の言葉の中に隠されています。それを求め、捜し、追及する人は、それを見出して体験するのです。

知識には2種類あります。神が分からない人は、一つの知識に頼りがちです。それは、感覚的知識です。目に見えないから神はいない。この知識では、神が分かりませんし、神が与える人生の祝福も分かりません。

もう一つの知識があります。それは、啓示的知識です。見えないところにあるものを知ることのできる知識です。見えないところにある自分の財産を信じることができるのです。見えないから無いのではなくて、見えなくても有るということを信じる知識を持った人は、祝福されます。

啓示的知識を求めて、「分かるようにしてください、私の目を開かせてください」と願えば、その時、あなたは神を知るのです。

「それゆえ、わが民は無知のために捕らえ移される。その貴族たちは、飢えた人々。その群衆は、渇きで干からびる」(イザヤ5:13)

どのような無知でしょうか。社会的に高学歴であるとか、高い地位にあるということではなく、御言葉に対する知識がない、つまり啓示的知識の欠如です。これが故に、治るものも治らないと思ってしまう。もう借金は払い切れないと思い、あきらめて自殺しようと思ってしまう人もいます。

しかし、啓示的知識のある人は違います。イエス様は「見えるもの、見えないもの」を造られたとあります(コロサイ1:16)。目に見えないところに私の財産があり、目に見えないところに私の健康があり、目に見えないところ、天に自分のすみかがあると信じます。私たちは皆祭司なのです(Ⅰペテロ2:9)。祭司であるなら、神の言葉を信じる者でなければなりません。祭司は、神の言葉を拒絶してはいけませんし、神の言葉に無知であってもいけません。神の言葉の知識をしっかり握っているなら、たとえ問題が起きても、「大丈夫、必ず解決する」といつも宣言できる者になっていくのです。

■ 思慮を得る者は自分を愛する者: (1)(2)(3)(4)

神内源一

神内源一(じんない・げんいち) / 徐起源(そう・きうぉん)

ERM聖書学校校長。恵那クリスチャンセンター(岐阜県恵那市)牧師。恵那レーマミニストリー代表、愛知県一宮市の超教派聖会「ワールド・リバイバル・カンファレンス」の理事・講師を務めるなど、その活動は多岐にわたる。同校本部の岐阜県恵那市に加え、京都、岡崎(愛知)、沖縄、立川(東京)など全国数カ所で聖書学校、聖会をおよそ月1回のペースで行っている。インターネット聖書学校、通信聖書学校等も現在開講中。※画像は恵那レーマミニストリーのロゴ。

■ 外部リンク:

【公式サイト】恵那レーマミニストリー

【告知】8月14日(金)・15日(土)岡崎校で空飛ぶクリスチャン聖会が開催されます

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース