思慮を得る者は自分を愛する者(4)目に見えないものにこそ目を留める 神内源一

2015年8月28日17時01分 コラムニスト : 神内源一 印刷

モーセが紅海を渡ったとき、奇跡は起こりました。「水は彼らのために右と左で壁となった」と書かれています(出エジプト14:21、22)。そのようなことは普通では起きません。常識、感覚的知識によっては理解できません。聖書は、感覚的知識を超えた、啓示的知識なのです。

水の上を歩いていたペテロが沈みかけます。どうしてでしょうか。「ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、『主よ。助けてください』と言った」(マタイ14:30)

「来なさい」という神の言葉を聞き、イエス様を見ているときは、水の上を歩いていました。それなのに、風を見て感覚的知識に戻り、「こんな風の強い所を歩けるのか」と思ったときに沈みました。

聖書の中には、多勢の敵にたった300人で勝ったギデオン(士師記7章)、賛美しただけで勝利したヨシャパテ(Ⅱ歴代誌20章)の話があります。ありえないことです。しかし、これが啓示的知識です。目に見えないものを信じる知識が、私たちの人生を変えていきます。

「乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました」(ピリピ4:11)

英語の20世紀訳では「to be independent of circumstances」、つまり、環境から独立しているのです。感覚的知識によって生きている人は、環境の中に縛られがちです。水の上を歩けません。啓示的知識を自分のものにしたときに初めて、御言葉通りの事が私たちに起こってくるのです。クリスチャンは、目に見えないものにこそ目を留め、それを信じます(Ⅱコリント4:18)。

「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。・・・あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます」(ピリピ4:4~7)

これは、啓示的知識の人になって初めてできることです。いつも喜んでなんかいられない感覚的状況の中では、喜び続けることはできません。しかし、啓示的知識を受け取り、そこに癒やしがあり、そこに財産があり、そこに将来と希望があることを知った人は、どんな環境からも独立しているので、いつも喜んでいられます。いつも神の平安があるのです。

ペテロは、明日処刑されるという牢獄の中で、ぐっすり眠ることができました。それは、彼が啓示的知識に立っていたからです。

祝福は私たちのものです。感謝します。

■ 思慮を得る者は自分を愛する者: (1)(2)(3)(4)

神内源一

神内源一(じんない・げんいち) / 徐起源(そう・きうぉん)

ERM聖書学校校長。恵那クリスチャンセンター(岐阜県恵那市)牧師。恵那レーマミニストリー代表、愛知県一宮市の超教派聖会「ワールド・リバイバル・カンファレンス」の理事・講師を務めるなど、その活動は多岐にわたる。同校本部の岐阜県恵那市に加え、京都、岡崎(愛知)、沖縄、立川(東京)など全国数カ所で聖書学校、聖会をおよそ月1回のペースで行っている。インターネット聖書学校、通信聖書学校等も現在開講中。※画像は恵那レーマミニストリーのロゴ。

■ 恵那レーマミニストリー公式サイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース