沖縄70年目の慰霊の日に思う 榎本恵・アシュラムセンター主幹牧師

2015年7月9日13時30分 執筆者 : 榎本恵 印刷
+沖縄70年目の慰霊の日に思う 榎本恵・アシュラムセンター主幹牧師
沖縄聖書教室で語る榎本恵氏

今年の6月22日から25日、私たちは、「沖縄平和巡礼の旅」を行うことができた。毎年続けてきているこの巡礼の旅ではあるが、今年は戦後70年という節目の年でもあり、16名の参加者と共に、沖縄南部戦跡、糸洲第二外科壕跡、普天間基地、佐喜眞(さきま)美術館、そして伊江島の「わびあいの里」などを回ることができた。

また、特に22日には、私たちアシュラムセンターや神戸のイエス団などが主催者となり、「沢知恵 平和をつくり出すコンサート」を、沖縄キリスト教学院大学チャペルで開催することができた。沢さんの新しいアルバム『われ問う』を中心に、ともすると目の前にある現実に、平和への思いが萎(な)えていってしまう私たちに、大きな勇気と希望、力を与えてくれる、そんなコンサートだった。

「ここまでなら大丈夫と だまって見ているうちに 気づいたら 何ひとつ自由に ものを言えなくなっていた(中略)いまどうしてだまっているの? いま何を迷っているの? だれと生きてゆきたいの?」(「われ問う」より)

彼女の静かな語るような歌声が、賛美歌「勝利をのぞみ」に重なり響き、私たちの胸に迫ってきた。

沖縄70年目の慰霊の日に思う 榎本恵・アシュラムセンター主幹牧師
コンサートを終え、沢知恵さん(中央)とコンサートのスタッフと共に

最後の日の晩、私たち本土からの参加者16名と沖縄のアシュラムの友、全部で42名で「沖縄聖書教室」を持ち、賛美と礼拝、そして交わりの時を過ごした。その中で、伊江島の平和運動家・阿波根昌鴻(あはごん・しょうこう)さんが、70年前の4月23日(この前日に1500名に余る人々が犠牲となった伊江島での戦闘が終結する)に聖書の余白に書き残したメモ書きを紹介した。そこには、スパイの嫌疑をかけられ、一人避難生活を続ける様子や、離れ離れになった家族や飼っていた家畜までも心配し、人間の起こした戦争に対し、生きとし生ける命を愛(いと)おしむ阿波根さんの素直な心が現れている。

「ぬちどぅたから(命こそ宝)」。それは、70年の時を越えて、今もなお戦争が終わっていない沖縄からの叫びなのだ。戦後70年は、決して戦争が終わって後の「戦後」という意味ではないだろう。沖縄の道路を我が物顔で走る米軍車両の列、上空を飛び交う戦闘機やヘリ、延々と続く米軍基地のフェンス、そして新たな基地のために平然と美しい海を埋めつくそうとする。ここ沖縄に一度でも身を置けば、戦争は終わってなどいない、70年前のあの日からずっと今も続いていると暗澹(あんたん)たる気持ちに落ち込む。

沖縄70年目の慰霊の日に思う 榎本恵・アシュラムセンター主幹牧師
沖縄聖書教室には、本土からの16名と沖縄のアシュラムの友を合わせ、全部で42名が参加した。

けれども、そんな沖縄だからこそ、あらゆる命を踏みにじる戦争を憎み、それに抗(あらが)い、そして本当の平和をつくり出そうとするのだ。あらゆる命が大事にされ、愛おしまれる世界を。それはまさに、私たちの主が、幸いな者、神の子と呼ばれる者、平和をつくり出す人々の姿なのだ。

沖縄の戦後70年は、必ず平和の世が来ると信じ、戦争の後始末をし続けてきた戦後なのだ。私たちもまた、平和をつくり出す者として、神の子と呼ばれる者として、戦争の後始末を71年、72年・・・と続けていく者となりたい。

榎本恵(えのもと・めぐみ):1961年、榎本保郎牧師の長男として京都に生まれる。同志社大学神学部卒業。86年、沖縄県伊江村に移住。2002年、日本基督教団よきサマリヤ人伝道所担任教師。07年、アシュラムセンター(滋賀県近江八幡市)3代目主幹牧師に就任。著書に『負けて勝つとは』『私は耕す人になりたい』、共著に『ちいろばの心』『ちいろば牧師榎本保郎を語る』。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース