8歳の少女がイエスに宛てた手紙、レイプ犯逮捕のきっかけに

2015年6月22日12時45分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+8歳の少女がイエスに宛てた手紙、レイプ犯逮捕のきっかけに
(写真:Pimthida)

8歳の少女がイエス・キリストに宛てて書いた手紙が、少女の聖書の中から見つかり、レイプ犯逮捕への決定的な証拠となった。

米ケンタッキー州コビントン警察のニック・クライス氏は、2013年10月に起こったある事件を思い出していた。「性的虐待と未成年者へのわいせつ物頒布」の罪に問われていた男が先月28日、ようやく罪を認め、25年の懲役刑が確定したと、キリスト教ニュースサイト「クリスチャンニュース」が伝えた。

「25年という(懲役)年数が、凶悪かつ言語に絶する罪を犯した被告人にとって、その罪を償うのに十分とは言えないかもしれませんが、これにより被害者の子どもが虐待の悪夢を体験し続け、これ以上の心の傷を負うことがないよう守ることができます」と、コビントンを管轄する同州ケントン郡の検察官ケイト・ベネット氏は声明で述べた。

コビントン警察は13年10月、ある子どもが性的虐待を受けていると、地元の小学校から電話を受けた。教師らは、8歳の少女が書いた、彼女の聖書の中にはさまれていたメモを捜査官に見せた。

「それはイエスに宛てられており、被告人がどのように彼女を性的に虐待したのかがはっきりと書かれ、イエスにその虐待が終わるよう嘆願していました」と、ベネット氏は地元テレビに語った。

クライス氏は、この手紙が36歳のエリック・リベラ被告を特定し、逮捕に至るまでの最大の証拠となったと述べた。「彼女が聖書にはさんでいた手紙には、とても詳しく書かれていました。だから、そういう意味では、この事件を(犯人特定の点で)易しいものにしました」

さらに警察は、被告人からどのように繰り返し虐待されたのかを少女に尋ねた。少女は、男の携帯電話や複数のポルノ雑誌にあったポルノ画像を男に見せられたことを明らかにした。

警察はその後、容疑者の自宅を捜索し、少女の説明と全く一致する複数の雑誌を見つけた。また少女の供述通り、犯人の携帯電話の中にも複数のポルノ画像を発見した。

少女がイエスに宛てて書いた手紙を読み、捜査官たちは感情的になったと、ベネット氏は言う。

「人間として、これを(読んで)泣かずにはいられないでしょう。子どもたちに対し、憐(あわ)れみの感情が出て、力になりたいと願うのが本能的なものでしょう」「どの事件もつらいものです。しかし、子どもが心から神様へ助けを請うとき、本当にこれはいたたまれないものがあります」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース