9歳のヤジディ教徒少女、IS戦闘員に強姦され妊娠 出産時に死亡する可能性も

2015年4月16日23時40分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+9歳のヤジディ教徒少女、IS戦闘員に強姦され妊娠 出産時に死亡する可能性も
イラクのクルド人自治区でヤジディ教徒に支援物資を届けているところ。(写真:Defend International)

過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員少なくとも10人以上に強姦(ごうかん)された9歳のヤジディ教徒の少女が妊娠した。人道活動家によると、年齢が低すぎるため、出産すれば少女自身が死亡する可能性もあるという。少女は8カ月間ISに拘束され、今月8日に解放された200人以上のヤジディ教徒の女性たちの1人だ。

カナダのニュースサイト「thestar.com」は、最近帰国したカナダに拠点を置く人道活動家のユーシフ・ダウド(仮名)さんの話として、「この子は幼過ぎて、もし出産するとなると死ぬかもしれない。帝王切開ですら危険です。虐待によって、彼女は精神的にも身体的にも外傷を負っています」と伝えた。

少女は8日、他の女性や子どもたちと共に解放された。「この少女や女性を送り返すのは、コミュニティー全体を辱めることになるのです」と、ダウドさんは述べた。

ダウドさんによると、少女を強姦したのは、前線で戦うISの戦闘員や自爆テロ要員で、少女たちを「褒賞として」与えられたという。

解放された女性や少女たちが、再びコミュニティーの中で生きるのは難しいと考えられる。「もし既婚女性が妊娠しているなら、彼女たちの夫は妻を取り戻そうとはしないでしょう。生まれた赤ちゃんが決して受け入れられることがないのは明白です」とダウドさん。「この赤ちゃんたちの将来がどうなるかは、私には分かりません。少女や女性たちは赤ちゃんを要らないでしょう。彼女たちはとても苦しんだのです。ただ忘れたいのです」と述べる。

クルド系の人道団体が医療援助を受けさせるため、妊娠した少女を連れてドイツに渡った。

少数派であるヤジディ教徒はキリスト教徒と共に、ISの主な標的となっている。

イラクには約60万人のヤジディ教徒がいるとされている。彼らは民族的にはクルド人であり、ほとんどはイラク・ニナワ県北部やクルド人自治区の北東部に住んでいる。

ヤジディ教徒は、神が7人の天使を通じてこの世を統治していると信じている。7人の天使の中でも、孔雀(クジャク)の天使である「マラク・ターウース」は、神の命令にひざまずくことを拒否したものの、後に赦され、神への貢献の故に天使たちの頭(かしら)とされたと信じられている。一方、このマクラ・ターウースがコーランに記されているサタン(悪魔)と似ているため、ヤジディ教徒はサタンを崇拝していると糾弾されることが多いという。

ISはレバント(東部地中海沿岸地方)に、「ジハード」(聖戦)を通しカリフ制を敷くことを目的としている。そして少数派に対して、逃げるか、イスラム教に改宗するか、殺されるかの選択を迫っている。

女性のみで編成されたISの宗教警察は最近、イスラム教の聖典に基づくとされる宣言書を発表し、女の子が9歳になれば戦闘員と結婚することを勧め、また女性たちに「隠れ、ベールをかぶり、主人に仕え」続けるように勧めている。

それには、「女の子が9歳で結婚することは合法です。ほとんどの処女は16歳か17歳まで、まだ若く活動的な間に結婚するのです」とある。

この宣言書は、欧米社会を「西欧の異教徒が採用するモデル」と形容し、「女性を家庭の部屋から『解放した』時点で失敗した」としている。

ISの英語版のプロパガンダ文書では、「異教徒」の女性を捕らえ性奴隷にするのは「イスラム教の教義にかなっている」とし、この野蛮な行いを正当化しようとしていた。

ISの機関誌「ダビク(Dabiq)」には、「サタンが疑いの心を知性や心が弱い者に植える前に、このことを覚えておくべきである。それは、異教徒の家族を奴隷としその女性を妻とすることは、イスラム法で確かに認められていることだ。もし誰かがそれを否定したりあざけったりするならば、その人はコーランと預言者(ムハンマド)の物語を否定しあざけっているのであって、イスラム教に背いているのである」と書かれている。「ダビク」という名称は、イスラム教の黙示神話に由来する。

ISはアルカイダの分派で、現在イラクとシリアの広い範囲を掌握している。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース