在日牧師ら、韓国で「壬辰倭乱」反省集会

2015年4月7日16時41分 印刷
関連タグ:韓国

【CJC=東京】韓国の聯合ニュースによると、日本の近代史研究家や市民団体代表、在日韓国人牧師らでつくる「NO MORE 倭乱集会実行委員会」の会員20人以上が3月30日、同国南東部の慶尚南道(キョンサンナムド)密陽(ミリャン)市にある表忠寺(ピョチュンサ)を訪れ、「壬辰倭乱」(文禄・慶長の役)を反省する集会を開いた。

同寺には「壬辰倭乱」当時、僧兵を率いて戦った四溟(サミョン)大師(1544~1610)の肖像画がある。集会は犠牲者への黙とう、献花、基調報告、韓国民謡斉唱などの順で約40分間行われた。

同委員会は、「日本は朝鮮侵略から1945年の敗戦まで大規模な戦争を繰り返した。日本社会は過去の歴史を克服できないまま戦後を歩んできた」と指摘した。そして、日本の首相の靖国神社参拝や特定秘密保護法を批判し、竹島(独島)問題と旧日本軍の慰安婦被害者に対する日本政府の態度に反対の意を示した。

この集会は、在日大韓基督教会小倉教会の故・崔昌華(チェ・チャンファ)牧師の提唱により、「壬辰倭乱」の際に日本の拠点となった名護屋城跡(佐賀県)で1992年に開かれたのが始まり。2000年からは韓国の釜山、晋州(チンジュ)、蔚山(ウルサン)など、「壬辰倭乱」関連の遺跡がある都市を訪れ、毎年集会を開いている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
関連タグ:韓国

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース