消息不明のエアアジア機 韓国人宣教師一家が搭乗 生後11カ月の女児も

2014年12月29日12時48分 印刷
+消息不明のエアアジア機 韓国人宣教師一家が搭乗 生後11カ月の女児も
2011年に撮影された、消息不明のエアアジア8501便(エアバスA320-200型)(写真:Sabung.hamster)

インドネシアからシンガポールに向かっていた、マレーシアの航空会社エアアジアの旅客機(QZ8501便)との交信が、現地時間28日午前6時17分ごろ、ジャワ海のブリトゥン島近くで途絶え、消息が不明な状態が続いている。同機には乗員・乗客162人が搭乗しており、うち155人がインドネシア国籍で大半を占めているが、韓国籍の3人は、インドネシアで宣教活動をしていた一家だと伝えられている。

朝鮮日報によると、韓国籍の乗客3人は、パク・ソンボムさん(37)、イ・ギョンファさん(34)夫妻と生後11カ月の娘パク・ユナちゃん。夫婦は、インドネシアでキリスト教の宣教活動をしていたという。韓国は、世界160カ国以上に2万人を超える宣教師を派遣している宣教大国だ。韓国の聯合(れんごう)ニュースによると、韓国政府は、不明機の捜索活動のため、韓国軍の哨戒機を派遣する予定だという。

不明機は28日午前5時35分、インドネシア・ジャワ島東部のスラバヤにあるジュアンダ国際空港を離陸し、同8時30分にシンガポール・チャンギ国際空港に到着する予定だった。しかし、6時12分に機長が悪天候のため航路の変更を要請し、その5分後にレーダーから機影が消えた。

インドネシアの交通当局は、「ブリトゥン島から145キロ離れたジャワ海に墜落したものと推定される。現在、インドネシアとシンガポールの当局が捜索活動を行っている」と発表。当局によれば、不明機の機種はエアバスアA320-200型機で、乗客155人と乗員7人が搭乗。乗客・乗員の国籍は、インドネシアが155人、韓国が3人、マレーシアとシンガポール、英国、フランスが各1人。このうち子どもは16人、幼児1人となっている。

エアアジアは、マレーシアに拠点を置くアジア最大級の格安航空会社で、不明機はインドネシアのグループ会社が運航していた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース