日本発の1000人ゴスペルクワイヤ「JAPAN MASS CHOIR」が青山学院講堂で収録

2015年3月18日23時16分 記者 : 竹村恭一 印刷
+日本発の1000人ゴスペルクワイヤ「JAPAN MASS CHOIR」が青山学院講堂で収録 19日には初ライブも
「JAPAN MASS CHOIR」の火付け役、「NGOゴスペル広場」代表のジェンナさん(左)とプロデューサーのジェット・エドワーズさん=14日、青山学院講堂(東京都渋谷区)で

米国のビルボードチャートへのランクインを目指す「JAPAN MASS CHOIR」が14、15日の2日間、青山学院講堂(東京都渋谷区)でレコーディングとプロモーションビデオの撮影を行った。会場になった講堂には、日本中から約1000人が集結。肌寒さの残る3月中旬とは思えない熱気に包まれた。

「JAPAN MASS CHOIR」は、米国出身のプロデューサー、ジェット・エドワーズさんと、「NGOゴスペル広場」代表のジェンナさんのプロデュースで行われるもので、1000人のクワイヤでレコーディングしたオリジナルCDを米国でリリースし、ビルボードチャートインを目指す企画。

「以前からゴスペルという音楽で、『ゴスペルとは何か、その背景にある力は何か』を伝える活動をしたいと思っていた」と語るジェットさん。CDには、ジェットさんとジェンナさんが作った英語のオリジナル曲に、洋楽のカバー曲を加え6曲を収録。うち1曲は日本語で歌う。

日本のゴスペルは少し変わっているとジェンナさんは語る。ゴスペルとは、本来は神がイエス・キリスト(英語発音でジーザス・クライスト)を通して語る「最高の知らせ」という意味。音楽のジャンルでいえば、特に黒人教会で歌われる賛美のことを指す。しかし日本では、ゴスペルといえば、教会以外でも、音楽サークルやゴスペル教室、カルチャーセンターなどで、必ずしも宗教的な意味を含まず発展してきた。

ゴスペルは米国では一部のプロが歌うものではなく、一般人が歌う大衆音楽だとジェンナさんは言う。「クリスチャンであるとかないとか関係なく、ゴスぺルを誰もが自分自身へのメッセージとして歌えるような、身近な音楽にしていきたい」と語る。

一方、ジェットさんは、ジャネット・ジャクソンやダイアナ・ロスなど、トップアーティストたちを手掛けてきたプロのプロデューサーだ。また、自身でビルボードチャートTOP3に入ったことのある実力派ミュージシャンでもある。「日本から発信されるゴスペルがビルボードチャートに入れば、僕たちはみんなで『新しい歴史』を作ることになる」と意気込みを語っていた。

14日のプロモーションビデオ撮影時にも、代表曲となる「POWERFUL」の歌詞を引用し、「さまざまな考え方がある日本のゴスペル。それでも和の精神の国、おもてなしの国。日本だからこそこの企画はできる。必要とされていない人は一人もいない。私たちは一人じゃなく、みんなで集まるからパワフル」と、この企画への思いを共有した。

日本発の1000人ゴスペルクワイヤ「JAPAN MASS CHOIR」が青山学院講堂で収録 19日には初ライブも
約1000人のクワイヤが終結してのプロモーションビデオ撮影。大型の劇場ほどもあろうかという大学の講堂は、肌寒さの残る3月中旬とは思えない熱気に包まれた。

ジェンナさんは自身のフェイスブックで、「『クリスチャンではない人もゴスペルを歌う』という、その時点で米国人には不思議かもしれません。でも皆同じようにゴスペルが大好きで、ゴスペルをリスペクトして、ゴスペルに心を込めて歌っていると思います。それを米国の人にも見せたい」と思いの丈をぶつける。

収録に参加した「サニーサイド・ゴスペルクラブ立川」のメンバーたちは、「楽しかった。この人数で歌うことはなかなかないので壮観でした」とコメント。「ゴスペルスクエア」に所属する女性は、「いろいろなクワイヤの方と知り合えて良い経験ができました」と語った。ジェンナさんも、「愛や平和を歌う1000人の歌声の力強さと温かさにステージ上で感動しました」と言う。

プロモーションビデオの撮影では、ラジコンヘリを使った空中からの撮影など、クオリティにもとことんこだわったこのプロジェクト。6月下旬~7月上旬にCDを発売する予定で、7月~8月には米国へのプロモーションツアーも予定している。

今月19日には、代々木競技場第2体育館で行われる「ワールド・ドリームピック」にも出演。これが「JAPAN MASS CHOIR」にとっての初ライブとなる。日本のゴスペルが、世界に向けて大きな一歩を踏み出す。この熱い歌声を生で聴きたい人は、ぜひ足を運んでいただきたい。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース