「真の礼拝こそ伝道の最前線」 ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2015

2015年3月17日21時50分 記者 : 坂本直子 印刷
+「真の礼拝こそ伝道の最前線」 ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2015
夕方に行われた聖会の様子=14日、神の家族主イエス・キリスト教会(東京都足立区)で

クリスチャンのための修養会「ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2015」が14日、神の家族主イエス・キリスト教会(東京都足立区)で開催された。主なる神に最高の礼拝をささげるため、大勢の参加者がリバイバルを祈り求め、力の限りの賛美をもってこの日を過ごした。

同カンファレンスは、教会音楽奉仕者の総合的育成に取り組むワーシップ・ジャパン(音楽神学校)が、毎年開催しているカンファレンス。今年で5回目となり、ワーシップ・ジャパンが掲げる「真の礼拝こそ伝道の最前線」という信仰に立ち、3つのセミナーと聖会が行われた。

セミナー講師として立ったのは、東京メトロチャーチ主管牧師の林幸司氏、ゴスペル・クワイア「New Wings」を立ち上げ、ゴスペルディレクターとして活躍中の中山英嗣氏、そして、ワーシップ・ジャパン学長のジョシュア佐佐木氏の3人。

「真の礼拝こそ伝道の最前線」 ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2015
現在140人の生徒を指導する中山英嗣氏。分かりやすい訓練方法は賛美をささげることの喜びを倍増させた。

中山氏のセミナーでは、中山氏自身が歌唱テクニックを披露し、賛美の訓練方法を伝授した。質疑応答では、「低音を長く歌い続けるにはどうしたらいいのか」など具体的な質問が飛び交い、「音楽の賜物を用いて主に仕えたい」と集まった人たちの熱気に満ちたセミナーとなった。

佐佐木氏は「戦略的伝道のすすめ」と題してセミナーを行い、人が集まる教会にするためには「地域に教会をしっかりとプロモーションをしていくことが大切」だと語った。そのための具体的な戦略として、新聞やインターネットなど公のメディアを使うことを挙げた。また、いかにアピールするかについては、イエス・キリストの山上の垂訓を例に、人の心の琴線に触れるようなキャッチコピーが必要だと語った。

また、地域における信頼を広めるために、タウン誌などに投稿するのも一つの方法だと提案。まずは、教会で礼拝が行われていることを地域の人たちに知ってもらい、主日礼拝に結び付けていくようにする。教会は、地域の人たちにどういうニーズがあるのかを考えた上で、「give & take」ではなく、「give & give」の姿勢でいくべきだと語った。

「真の礼拝こそ伝道の最前線」 ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2015
ジョシュア佐佐木氏によるセミナーのテーマは「戦略的伝道のすすめ」。地域の人が集まる教会にするためにどうしたらいいのか、イエスの伝道を参考に大胆な戦略が語られた。

一方、情報収集の大切さも指摘。「現在の資本主義、民主主義、統治国家においては、公の機関の情報をきっちり知っておくことが大切だ」と佐佐木氏。「クリスチャンが体制の中に根をおろして、国の根幹を変革していく必要があるのではないか」と言い、使徒言行録の出来事から数百年後には、キリスト教がローマ帝国の国教になったことに触れ、国家レベルまで考える大胆な信仰を持つことが大事だと話した。

セミナー後に行われた聖会は、特別賛美でスタート。会場は大きな感動に包まれ、林氏が「主と共に住むために、全てを献(ささ)げる」と題してメッセージを取り次いだ。林氏は「主の臨在は、私たち一人ひとりにある」と話し、「礼拝するのは、祈り、励まし合い、支え合うため」と語った。そして、「ここから出て行って、イエス様を必要としている人々のところに行けば、語るべきことは聖霊が教えてくれる」と言って、会衆と共に祈りをささげた。

「真の礼拝こそ伝道の最前線」ワーシップ・ジャパン カンファレンス2015
聖会でメッセージを伝える林幸司氏。セミナーでも「プロディース、マネージメント、アートに携わる~全体像と実践(クリニック)~」というテーマで講演した。

「より魅力的な礼拝をささげるため、全身全霊で奉仕する教会音楽家を育てる」ことを教育理念に掲げるワーシップ・ジャパンには、全国から多くの学生が集まり、学び、巣立っている。この日も現役の学生だけでなく、卒業生も参加。初めから終わりまで賛美に満ち溢れ、音楽奉仕者にふさわしいカンファレンスとなった。

ワーシップ・ジャパンでは、2015年度の入学生を募集している。問い合わせは、ワーシップ・ジャパン事務局(〒121-0823 東京都足立区伊興4-10-22-204、電話:03・5647・9892、FAX:03・5647・9498、メール:worship3939@gmail.com、受付:火〜金午前10時~午後6時、サイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース