【インタビュー】神様を知れない人のために シンガーソングライター Emi Shirasaya(動画あり)

2015年1月18日14時22分 インタビュアー : 竹村恭一 印刷
+【インタビュー】神様を知れない人のために シンガーソングライター Emi Shirasaya(動画あり)
1995年からプロのシンガーソングライターとして活動している Emi Shirasaya さん。神の愛を表現した音楽を聴きに来てもらうのではなく、届ける活動をしている。

柔和な声と朗らかな笑顔。舞台の上で歌う、燃えるような情熱的な声とは少し異なる印象を受ける。そんな Emi Shirasaya さんを知ったのは、彼女が通う教会の集会「ライフハウスカンファレンス」だ。世界中から約1000人が東京・六本木の会場に集まり、賛美し、共に地域教会の発展を祈り、各々が実践している方法を学び合う。そこで堂々と情熱的に賛美をリードする姿が印象的だった。

幼い頃から歌の才能を自覚していたという Emi Shirasaya さん。1995年からプロのシンガーソングライターとして活動。NHKの歌番組「みんなのうた」でも、自身の曲がオンエアされたことがある。CDも一般の店頭に並んでおり、カラオケ店で Emi Shirasaya さんの曲を歌うこともできる。

「当時の写真(CDジャケット)を見ると今とは別人みたいでしょ」と笑う彼女がクリスチャンになったのは2002年。「最初はなかなか信じなかった」と当時を振り返る。

幼い頃からなにか大きな存在があることを信じていたという。それは、地元の霊峰で祈祷していたご先祖様なのかと思っていたそうだ。しかし、曲を書いているとき、自分の中からではなく、誰かからもらっているという感覚があり、「もしかして神様なの?」と漠然と思い始めるようになった。だが、なかなか神を心に信じるまでには至らなかったという。奇跡としか思えないことがあっても、「私は強いから神様に助けてもらわなくても大丈夫」と思い続けた。

しかし、尊敬するジャズシンガーの自分はクリスチャンだという告白を聞いたことで、「こんなに尊敬できる人が神様を信じてるんだ」と思った瞬間、安心していいんだと感じるようになったという。

他にも事務所を独立したばかりのとき、クリスチャンの友人に仕事のことを祈ってもらってすぐに大きな仕事が舞い込んだり、いろいろな困難があったときに、「イエスの名によって祈ると解決するよ」とアドバイスをもらい、内心「そんなバカな」と思いつつ試してみると、見事に解決。「今思えば神様からの『こんな思いをさせなきゃ信じないんだな?これでどうだ』って感じのメッセージだったんじゃないかと思います」と信じるようになった経緯を語った。

そんな彼女が神を信じるようになってから受けたチャレンジは、「自分のスタイルを砕くこと」だという。「私はロックが嫌いだった」と語る Emi Shirasaya さん。教会の賛美で歌うことになり、祈った結果、「神様に従おう」という気持ちを強く持ち続けたという。音楽のスタイルについては「今はこだわりはないです。神様から来たものを他の人に流すだけだから、何が出てくるか自分でも分かりません。音楽を売ることが目的の人はスタイルを決めますが、自分はそういうものを決めてかからないことにしてます」と笑って語る。

現在のビジョンについて、「神様が言ったことだけをやりたい」と語る Emi Shirasaya さん。病院でのコンサートを行ったとき、友人から「一生病院から出られない人もいるんだよね」という言葉を聞き、「この人たちはどうやって神様のことを知るの?」と思い立った。今は、音楽を聞きに来てもらうのではなく、届ける活動をしている。病院でコンサートを行うほか、ウェブサイトで配信も行っている。

今月24日には、世界の貧困・飢餓問題の解決に取り組むNGO、日本国際飢餓対策機構のチャリティライブに出演する予定(参考:HUNGER ZERO チャリティーライブ with Emi Shirasaya)。「私はすごく食べることが大好き。食べ物を無駄にすることが嫌い。日本に生まれて食べることが大好きな私が、世界の飢餓のために何かできないかと考えてます」と意気込みを語ってくれた。

■ Emi Shirasaya 「TSUBASA つばさ」

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

インタビューの最新記事 インタビューの記事一覧ページ

大学に復学したい 難民認定求め提訴中の在日シリア難民に聞く

直前まで後藤健二さんと行動を共に マームッドさん「シリアは地球上で一番危険になってしまった」

ブライダル伝道に召しを受けて 東田啓介牧師

『宗教の社会貢献を問い直す』(2)著者インタビュー 宗教社会学者・白波瀬達也氏

【インタビュー】世界中に笑顔を広げるアーティスト・RIEさん

【インタビュー】安心できる自然の料理で人々に幸せを バスク料理店「クーリ・ルージュ」の石川資弘さん

戦争経験者に聞く戦後70年(5):特攻兵器人間魚雷「回天」隊員からイエズス会士へ 大木章次郎神父の信仰と倫理と戦争②

戦争経験者に聞く戦後70年(5):特攻兵器人間魚雷「回天」隊員からイエズス会士へ 大木章次郎神父の信仰と倫理と戦争①

戦争経験者に聞く戦後70年(4):「汝の敵を愛せ」 長崎で被爆した市原憲二郎さん

戦争経験者に聞く戦後70年(3):「命を考えることが平和への第一歩」 聖ステパノ学園理事長 小川正夫さん

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング