イエスを愛する元ヤクザ牧師の米東海岸伝道の旅

+イエスを愛する元ヤクザ牧師の米東海岸伝道の旅
井上薫牧師・比呂子夫妻(中央)とNJプリンストン日本語教会の栗栖信之牧師(奥)を交えての食事の後でのフェローシップの様子=17日、ペンシルバニア州リーハイバレーで

今回で4回目となる米国東海岸伝道旅行を行っているスモール・ストーン・ミニストリー代表の井上薫牧師・比呂子夫妻。そのこぼれるような笑顔からは想像がつかないが、薫牧師は極道の世界で10年間生きてきた元ヤクザだ。ヤクザの世界から足を洗い、今では180度変わった人生を歩んでいる薫牧師と、共に伝道の働きを行っている比呂子夫人に話をうかがった。

「一度きりしかない人生、まじめにやってもやらなくても同じだ。どうせ生きるなら、好き勝手に面白おかしく生きてやれ」。人生に生きる意味を見出せず、暴走族からヤクザの世界に入った薫牧師。覚せい剤にも手を出し、被害妄想と錯乱で3度の自殺未遂を繰り返した。「日々地獄の中に生きていた」と言う。

死のうとしても何度も命が守られ、死ぬこともできずに絶望と孤独の中にいる中、一人のクリスチャンに聖書を手渡された。それが今では妻となった比呂子夫人だった。むさぼるように聖書を読んだ。すると暗闇だった心に光が当てられ、一筋の希望が見えてきたのだ。神の深い愛と憐れみに捕らえられた瞬間だった。その一筋の希望の光を見たときから、現在牧師として世界中で伝道活動を行うようになるまで、そこには書ききれないほどの涙と笑い、冒険のストーリーが続く。

現在は夫妻で、教会でメッセージをするほか、少年院や刑務所、学校などを訪問し、自身の体験の証をして生きる意味を伝え、傷つき、さまよい、苦しむ人たちを励ます働きをしている。宣教で訪れた国は、米国、中国、ブラジル、オーストラリアをはじめ14カ国に上る。今回の約1カ月にわたる伝道旅行は、ワシントンDCに始まり、ニュージャージー、ニューヨーク、ペンシルバニア、コネチカット、マサチューセッツと続く。礼拝でのメッセージも数えると、集会数は全22回とかなりのハードスケジュールだ。

イエスを愛する元ヤクザ牧師の米東海岸伝道の旅
ニュービギニング・フェローシップ教会(ペンシルバニア州アレンタウン)で、自作の歌で主をほめたたえ賛美する井上薫牧師=17日、同教会で

「疲れませんか?」との質問に、「用いてくださるところには、イエス様の愛を伝えにどこにでも行きます。このような小さな石(スモール・ストーン)にしかすぎない私たちを使ってくださるのは主ですから、感謝なのです」と言う。また、「自分の証で終わることなく、イエス様が栄光を受けるようにメッセージをすることを心がけています」と、とことん謙遜で従順な姿で話す。

ペンシルバニア州アレンタウンにあるニュービギニング・フェローシップ教会で、薫牧師による日英バイリンガルメッセージを企画したアゴニス康代さんは、「参加者は励ましを受けたという声はもちろん、今まで以上に日本のために祈っていきたいという米国人の方や、神様の存在を信じたいという未信者の方の声も聞かれました」と言う。「参加者一人ひとりにとって恵み溢れる集まりとなり、大変感謝しています」と語った。

参加者の一人で、日本人婦人の集まりを開いたホリンガー佳代子さんは、「人間には不可能なことが、神にはできるということを、ご夫妻の証を通して改めて教えられた」と感想を述べた。また米国人からの反応も大きく、早速地元の教会から次のスケジュールの問い合わせもあったという。今後ますます国際的な活躍も多くなりそうだ。

イエスを愛する元ヤクザ牧師の米東海岸伝道の旅
ペンシルバニア州フィラデルフィアや、同州南部に隣接するデラウェア州からメッセージを聞きに来た人も=17日、ペンシルバニア州リーハイバレーで

日本のクリスチャンに一言と尋ねると、「畑は色づいて刈り入れるばかりになっていますが、働き人は足りないのです。皆さん、イエス様の愛を伝えましょう!」と薫牧師。比呂子夫人は「人間のはかりで神様を計ることなく、神様のご本質を皆さんに知ってもらいたい。その本質とは愛です」と語ってくれた。

「キリスト馬鹿と呼ばれても、自分の評判などはどうでもいいのです。イエス様の愛だけが人の心に残ってくれれば」と、笑いながら薫牧師は話す。井上夫妻が置いていった「福音の種」は、米国のこの地でも、豊かな実を結ぶことだろう。

井上薫牧師・比呂子夫妻によるスモール・ストーン・ミニストリーの活動の詳細や問い合わせはホームページで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

北米トヨタ副社長らがメッセージ、国家朝餐祈祷会で祈り会とビジネス信徒セミナー

「教会の役割は大きい」 ジーザス・ジューン・フェスティバルで「がん哲学外来」の樋野興夫氏が講演

華僑への伝道に携わって 荘明義・横浜華僑基督教会長老

次世代、青年層への伝道に関して思うこと 万代栄嗣・日本福音宣教会松山福音センター主任牧師

過去最多14カ国の駐日大使らが出席、国の指導者と世界の平和のため祈る 第19回国家朝餐祈祷会

学年の成績上位者から一転、10代でヤクザに 刑務所で出会った聖書と人生の恩師

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(2)夢による啓示、祈りの中で与えられた数々の導き

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(1)3度目の差し入れで読んだ聖書 「最初の一節で確信した」

50カ国以上で実践される聖書を正確に読み取る学び方 IBS講師が来日セミナー

日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース