フランクリン・グラハム氏、来年に武道館で伝道集会 来月にはいよいよ一年前大会

2014年9月20日02時12分 印刷
+フランクリン・グラハム氏、来年に武道館で伝道集会 来月にはいよいよ一年前大会
5月に札幌で開催された「北海道・希望のフェスティバル」でメッセージを伝えるフランクリン・グラハム氏。日本ではこれまで、沖縄(06年)、大阪(10年)、仙台(12年)、札幌(14年)で伝道集会を開催しており、来年の大会はフランクリン・グラハム氏にとって初の東京での大会となる。

米国の大衆伝道者フランクリン・グラハム氏をメッセンジャーとした伝道集会「セレブレーションオブラブ with フランクリン・グラハム」が来年11月、日本武道館(収容人数最大約1.4万人)で開催される。開催1年前を迎え、来月7日には、世界的な説教者アル・ウィッティングヒル氏をメッセンジャーに、一年前大会がなかのZERO(東京都中野区)で開催される。また、同6日、8日には全4会場でウィッティングヒル氏を講師とした牧師セミナーが開催される。

セレブレーションオブラブは、来年11月20〜22日に日本武道館で開催が予定されている。教派を超えた首都圏の諸教会が協力するミッション2015実行委員会が実行主体となり、米国のビリー・グラハム伝道協会(BGEA)などと協力して開催される。

「痛み そこにある神の恵み」をテーマに行なわれる一年前大会には、甲状腺がんから奇跡の再起を果たした韓国人テノール歌手ペー・チェチョルや、クリスチャンアーティストのSamuelle、I.Aryがゲスト出演する。一方、ウィッティングヒル氏によるメッセージは、今回が日本で初めてだという。

ビリー・グラハム伝道協会は、ビリー・グラハム氏、息子のフランクリン・グラハム氏、孫のウィル・グラハム氏の3代、約60年間にわたって日本の教会と協力して伝道を行なってきた。

11月に96歳となるビリー・グラハム氏は、1956年、67年、80年、94年の4回にわたって東京で伝道集会を開催。56年は国際スタジアム、67年は日本武道館と後楽園球場、80年は後楽園球場、94年は東京ドームで行なった。フランクリン・グラハム氏は、2006年に沖縄で開催したのを皮切りに、10年に大阪、東日本大震災後の12年には仙台で、そして今年5月には札幌で開催している。ウィル・グラハム氏は昨年と今年にかけ、東京、郡山、福岡で大会を開催している。

06年以降に各地で行なわれた6回のイベントの参加者は延べ17万人、参加教会は2200教会に上るという。さらに、集会を通してイエス・キリストを救い主として受け入れた決心者の数は1万2000人に上り、来年の日本武道館での大会はこれまでの「集大成」という位置付けだという。

一年前大会は参加無料(席上献金あり)だが、入場整理券が必要。申し込みは、FAXまたはメールに必要枚数を記入して、ミッション2015事務局(電話:03・3518・9669、FAX:03・3518・9180、メール:office@mission2015.info)まで。ウィッティングヒル氏による牧師セミナーも入場無料。申し込みは同事務局まで。当日参加も可能。

■ 一年前大会 スペシャルTalk&コンサート
日時:2014年10月7日(火)午後7時開演(午後6時半開場)
場所:なかのZERO 大ホール(住所:東京都中野区中野2−9−7)

■ アル・ウィッティングヒル 牧師セミナー
2014年10月6日(月)
午後1時:千葉クリスチャンセンター6F(住所:千葉市中央区新宿2−8−2)
午後7時:チャーチ・オブ・ゴッド川崎キリスト教会(住所:川崎市幸区南幸町3−20−1)

2014年10月8日(水)
午後2時:日本福音基督教団成城キリスト教会(住所:東京都世田谷区成城2−6−14)
午後7時:日本アッセンブリー・オブ・ゴッド教団十条キリスト教会(住所:東京都北区上十条2−20−9)

セレブレーションオブラブ with フランクリン・グラハム公式サイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース