ラテンアメリカを代表する福音派組織はどこ? 「NHCLC / コネラ」共同代表の主張にWEAが反論

2014年7月15日21時11分 印刷
+ラテンアメリカを代表する福音派組織はどこ? 「NHCLC / コネラ」共同代表の主張にWEAが反論
カリフォルニア州ロサンゼルスで2011年6月25〜26日に開催された「フェスティバル・ド・エスペランザ(希望の祭り)」に参加する人々(写真:スコット・トカー)

全米ヒスパニック・キリスト教指導者会議(NHCLC)と、全世界で48万7千件以上のラテン系教会に奉仕するラテンアメリカ拠点の組織「コネラ(Conela)」の合併で、「NHCLC / コネラ」が誕生した。NHCLC / コネラの共同代表であるサミュエル・ロドリゲス牧師は、最近の米クリスチャンポスト紙とのインタビューの中で、NHCLC / コネラがおそらく世界最大の福音派ネットワークであり、ラテンアメリカの福音派を代表する組織となったと語ったが、これに世界福音同盟(WEA)が異を唱えた。

「WEAは、ラテンアメリカその他における福音派キリスト教徒の声を代表しようというこのネットワークの最近の主張に驚いている」と、WEAは声明(英語)でコメントした。さらに、「その主張を受けて、WEA はラテンアメリカ内にある19カ国の福音同盟の代表らから、公にこの主張の真偽を明らかにするようにと要請を受けた」としている。

クリスチャンポスト紙と行った最近のインタビューでロドリゲス牧師は、合併した後のグループの新しい名前はNHCLC / コネラで、50万以上の教会を抱え、研究者の最近の調査を調べた上での結論として、「おそらく世界最大の福音派ネットワークだろう」と述べていた。

「世界最大のプロテスタント系ネットワークと言ってももよいかもしれません。つまり、カトリック教会に次いで世界で2番目に大きなキリスト教ネットワークだろうということです」と、彼は語っていた。「このことはラテン系のキリスト教人口の増加を称えることにもなります。世界中にいるラテン系のボーンアゲイン・クリスチャンを称えることになるのです。これが世界最大のネットワークで、世界中の福音主義を率いていくのですから」

しかし、WEAが認知しているところによれば、ラテンアメリカ内の福音派を地域として代表している団体はラテン福音同盟(AEL)だけだという。AELは、2013年11月にラテンアメリカの19カ国(アルゼンチン、ベリーズ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、チリ、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、ドミニカ共和国、ウルグアイ、ベネズエラ)の福音同盟の代表らによって結成された。

「ラテンアメリカ大陸――福音派の数は過去何十年間の間に目覚しく増加している――の福音派教会の大部分を代表するのは、これら19カ国の福音同盟だ」と、WEAは声明で述べている。

WEAによると、WEAは129カ国の福音同盟と150以上の加盟組織を合わせて、全世界に6億人以上存在するという福音派キリスト教徒を代表する存在だ。AELの結成と目的の詳細については、WEAは昨年11月19日のプレスリリース(英語)で言及している。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース