人生を導き教会を生かすレビ記通読の手引き(16) 宮村武夫牧師

2014年6月24日09時30分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

レビ記14章

(1)13章と14章の結び

13章は日常的なことばで表現した診断、それに対して14章は治療。聖書全体の流れから言えば、13章は罪の指摘、14章は贖い・救いに当たると言えます。

(2)14章の分解

二つに大別して、それぞれに細分。

① 1~32節、ツァラアト・重い皮膚病を患った人のきよめ
1~9節、きよめの儀式
10~20節、きよめのささげ物
21~32節、貧しい者の場合

② 33~57節、家(と衣服、54節)の患部・かび
33~42節、診察と処置
43~47節、再発の場合
48~53節、きよめの儀式
54~57節、まとめ

(3)きよめの儀式、1~9節

参照、48~55節。祭司の役割は、全治を確認するだけで、癒やしそのものは、主なる神ご自身によってなされるのです。儀式は全治を判別し確証するだけです。

現代でも、こころある医師は、自らの力で癒やすのではなく、からだの回復力を背後で助けると自分の役割を理解し、明言なさいます。参照、Ⅰコリント3章6節「成長させたのは神」。

(4)きよめの理解

この章で問題にされているのは、狭い意味での病気の癒やしではない。

7、9節「その者をきよいと宣言」「その者はきよい」。「きよい」とは、聖別、特別な目的のために分けられ、ささげられるとの意味です。

10~20節のきよめのささげもの。特に11節「きよめを宣言する祭司は、きよめられる者と、これらのものを主の前、会見の天幕の入口の所に置く」。積極的に自らの生活・生涯を主なる神の御前にささげる。契約の神に契約の民としてささげ仕える、これこそ、真実な癒やしです。儀式は、この事実をあきらかにする役割を担うもの。

◇ 二羽の小鳥・イスラエルを現す、22、23節
一羽は、贖罪の死、死ぬべきもの。他の一羽は、解放、生きて自由に仕える。以上の両面を含み、その全体が大切です。

◇ 「主に向かって」、「主の前」、11、12、16、18、23、24、27、29、31節で繰り返し強調。

◇ 油注ぎ、15~18節。

(5)血の重視、6節「小鳥の血の中に」

14章14節「祭司は罪過のためのいけにえの血を取り」

聖書全体の流れの中で。創世記9章4節「しかし、肉は、そのいのちである血のあるままで食べてはならない」。出エジプト記24章6~8節、契約の血、「モーセはその血の半分を取って、鉢に入れ、残りの半分を祭壇に注ぎかけた。そして、契約の書を取り、民に読んで聞かせた。すると、彼らは言った。『主の仰せられたことはみな行い、聞き従います。』そこで、モーセはその血を取って、民に注ぎかけ、そして言った。『見よ。これは、これらすべてのことばに関して、主があなたがたと結ばれる契約の血である』」

聖書全体、特に新約聖書において、主イエスの血=主イエスのいのち。

ヘブル9章11~14節、動物の血←→主イエスの血。Ⅰペテロ1章13~25節、特に19節「傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです」。ローマ3章25節など。

(6)レビ記を最初に読んでいる人々にとって

イスラエルの民の周囲・古代オリエント世界では、血は不気味な恐ろしいものと受け取られていたようです。地下に存在する恐ろしい神々に属すもの(ギリシャでも呪いとか死に結び付く)、積極的な意味を持たないのです。

それに対して聖書では、血はいのち、力。不気味とか、恐れから解き放たれています。いのちの源である神との結び、交わりが中心です。

(7)貧しい者への配慮

21~32節に渡って。経済的な条件ばかりでなく、肉体的、精神的、家族的、年齢、職業、学歴などの条件についても。どのような条件の制約の中にある人々に対しても、十分な配慮が払われています。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、『哀歌講解説教 哀歌をともに』、『ルカの福音書 味読身読の手引き①』以上クリスチャントゥデイ、など。

■外部リンク:【ブログ】宮村武夫牧師「喜びカタツムリの歩み」

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース