人生を導き教会を生かすレビ記通読の手引き(15) 宮村武夫牧師

2014年6月16日14時03分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

レビ記13章

(1)13章と14章の密接な関係

13章は診断、事実判断と事実確認。14章はきよめ、治療。

(2)3節

新改訳第2版で「らい病」との訳は、第3版では「ツァラアト」、新共同訳では「重い皮膚病」。ある他の訳では伝染性皮膚病。ここに見る皮膚疾患は、現在知られているハンセン病の症状とは異なると専門家の判断。いずれにしても「らい病」との訳は不適格。

(3)前後の流れ

「ついで主はモーセとアロンに告げて仰せられた」(13章1節)
「ついで主はモーセに告げて仰せられた」(14章1節)
「ついで主はモーセとアロンに告げて仰せられた」(14章33節)

定まった表現で、新しい課題への言及が始まります。そして最後の部分に各部分の要約を提示。

「以上は、羊毛あるいは亜麻布の衣服、織物、編物、あるいはすべての皮製品のツァラアトの患部についてのおしえであり、それをきよい、あるいは汚れている、と宣言するためである」(13章59節)

「以上は、ツァラアトの患部のある者で、きよめに要するものを手に入れることのできない者のためのおしえである」(14章32節)

「以上は、ツァラアトのあらゆる患部、かいせん、衣服と家のツァラアト、はれもの、かさぶた、光る斑点についてのおしえである」(14章54~56節)

からだの皮膚、織物、家などの表面に問題の出ているものの取り扱い。定形とも呼ぶべき神経の行き届いた形式で表現されている事実から、ここで取り上げられている事柄が、いかに真剣に考えられ取り扱われているか十分推察できます。

(4)13章の内容

全体を二分
①1~46節 人間
②47~59節 衣服

①人間の場合
初めての発症 1~8節
再発 9~17節
皮膚に腫物 18~23節
やけどのあと 24~28節
頭かひげに疾患 29~37節
皮膚に光る斑点 38、39節
はげ 40~44節
宿営の外に隔離 45~46節

②衣服
種々の衣服とあらわれ 47~49節
調べ 50~58節
可能性 1 50~52節
可能性 2 53~58節
結び 「以上は、羊毛あるいは亜麻布の衣服、織物、編物、あるいはすべての皮製品のツァラアトの患部についてのおしえであり、それをきよい、あるいは汚れている、と宣言するためである」(59節)

人間と衣類・物との間に、類似点もある。しかし同時に明確な区別。人格的存在としての人間の尊さを覚えます。

(5)全体として

祭司の手引きの役割。祭司、専門家としての立場に相応しい訓練。聖書のある箇所が、夫、妻、親や子など特定の人に向けて書かれている場合。

①専門的訓練と一人一人の判断
何かおかしいと気が付くことが大切。はじめにそれに気が付くのは、祭司ではない。日常生活の中で異常に気が付き祭司の所へ。祭司の役割は、調べきよいか汚れているか判断、宣言すること。13章に13回の宣言の例提示。

②事実判断と慎重さ
7日間、7日目。一定の期間を費やして慎重に判断。早期発見の大切さ、経過を見守る。

③旧約の実例
ミリヤム 民数記12章1~15節
ゲハジ Ⅱ列王記5章26、27節
ウジヤ Ⅱ歴代誌 26章16~21節

上記の実例から、重い皮膚病の人と罪を直ちに結び付ける考えの誤りについては、ヨブ記のヨブの実例が明らかに否定。参照、マタイの福音書8、9章に見る、主イエスの癒やし記事の初めにマタイ8章1~4節が位置。マタイ10章8節、11章5節。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、『哀歌講解説教 哀歌をともに』、『ルカの福音書 味読身読の手引き①』以上クリスチャントゥデイ、など。

■外部リンク:【ブログ】宮村武夫牧師「喜びカタツムリの歩み」

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース