人生を導き教会を生かすレビ記通読の手引き(14) 宮村武夫牧師

2014年6月9日18時06分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

レビ記12章

(1)序

短い章。レビ記の中でも、あまり読まれてない章と推察されます。いかがでしょうか。

何が書いてあるかは、比較的容易にとらえられます。しかしそれをどう理解すべきかは困難で、意を注ぐ必要があります。

(2)文脈、前後の流れ

11~16章の聖めについての一連の記事の中で、12章の位置、特に11章の食物についての記事との深い結びつきを見ます。

11章食物について
創造から・・・すべて聖い、祝福。
堕落から・・・罪の現実、その影響。
救済・救い・・・荒野の実際生活の中で、何を食べ、何を食べないか。

12章出産について
その前提の結婚を、
創造から
堕落から
救済・救いの三側面から。

(3)12章の内容

①1節、序、新しい段階・主題の開始

②2~5節、出産に続く汚れ
イ. 2~4節、男子の場合
ロ. 5節、女子の場合

③6~7節前半、出産後のささげもの

④7節後半、要約

⑤8節、貧しい者のために備え、配慮

(4)「汚れる」、2節

出産そのものや子どもが汚れとかかわるとは、聖書全体の教えでない。誤解しないよう注意する必要があります。

ここでは、出血とのかかわり、参照4、5、7節。ここでも血が重視されており、血をめぐることが重視と配慮と考えられます。

注意
①「汚れ」、「不浄」などを、日本語の一般的な語感に従い読まないように。
②イスラエルの周囲では、偶像礼拝と性的乱れが結びつき、イスラエルにも影響を及ぼす状況でした。そうした現実の中で、性、結婚、出産などについて正しい理解を持ち行動するのは、不可欠。

(5)男子の割礼、3節

参照、創世記17章10~14節。子どもを主なる神にささげ、主なる神の民の一員としての歩みを願うのです。

(6)一定の期間、4、5節

7日の期間は、家に。その期間が終わっても、子どもが男子の場合、33日間→40日間。女子の場合、66日間→73日間家に。

(7)きよめの期間が終わったとき、6、7節

全焼のいけにえと罪のためのいけにえ。
①人間の原罪を認めて、参照、祭司の場合、8章33~35節。
②子どもを与えられたことに感謝。

注目
①男性と同様、女性もささげものをする責任と特権。
②子どもが男子であっても女子であっても同じ。

(8)貧しい人に対する配慮、8節

レビ記を通じて、繰り返し貧しい人について言及。
1章14~17節
5章7~10節
14章21、22節、30、31節
15章14、15節、29、30節

(9)出産、驚くべきこと、苦しみと危険からの守り

出産において、主なる神の偉大さと自分自身についての自覚。

参照イザヤ6章3、5節、「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の主。その栄光は全地に満つ」、「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる」。

(10)子どもの誕生、主なる神の祝福

レビ26章9節
申命記28章11節
詩篇113篇9節、127篇3~5節、128篇3、4節、144篇12、13節

主イエスご自身、この出産の道を通られたのです。しかもレビ記12章8節の貧しい人の立場にたって、ルカ2章22~24節、「さて、モーセの律法による彼らのきよめの期間が満ちたとき、両親は幼子を主にささげるために、エルサレムへ連れて行った。─それは、主の律法に『母の胎を開く男子の初子は、すべて、主に聖別された者、と呼ばれなければならない』と書いてあるとおりであった─また、主の律法に『山ばと一つがい、または、家ばとのひな二羽』と定められたところに従って犠牲をささげるためであった」。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、『哀歌講解説教 哀歌をともに』、『ルカの福音書 味読身読の手引き①』以上クリスチャントゥデイ、など。

■外部リンク:【ブログ】宮村武夫牧師「喜びカタツムリの歩み」

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース