シカゴのメガチャーチ牧師夫人、涙の告白「受けた批判についても神に感謝する」

2014年6月18日10時45分 翻訳者 : 内田周作 印刷
+シカゴのメガチャーチ牧師夫人、涙の告白「受けた批判についても神に感謝する」
南部バプテスト連盟年次総会に先立って開催された牧師夫人会で話すハーベスト・バイブル・チャペル(シカゴ)のキャシー・マクドナルド夫人=9日、メリーランド州ボルチモア市で(写真:クリスチャンポスト / ソニー・ホング)

メリーランド州ボルチモア市――ハーベスト・バイブル・チャペルのジェームズ・マクドナルド牧師の妻であるキャシー夫人は9日、夫に対して向けられた批判について、神に感謝すると語った。

シカゴで、ある学校の建物を借りながら18人の信者から始めた自分たちの教会が、現在のようなメガチャーチに成長するにつれ、自分たち夫婦が受けてきた批判を回顧しつつ、キャシー夫人は涙を流した。「このトピックについて、私は完全に知りつくしています」と、南部バプテスト連盟(SBC)牧師夫人会の聴衆に向って語った。

そして涙ながらに彼女はこう宣言した。「私たちが受けた苦難について、主に感謝しています。そのおかげで私達は聖化され、精錬されたのです」

キャシー夫人は、自分たちの教会が拡大するにつれ、家族は批判の嵐にさらされてきたと話した。「それは私たちの幅広い伝道活動がもたらす現実でした。私たちのことを知りもしない人達が、好き勝手なことを言うのです」

またキャシー夫人によれば、夫の性格も侮辱的な言葉を受ける原因になったという。「夫は情熱的で、爆竹のような人で、私はその点も含めて大好きです。ですが、時にはそれが問題を招くこともあります」

最近公の場で議論になったのは、2012年、三位一体に対する見解が異端的だとして、影響力のある福音派の間で問題視されているT・D・ジェイクスを、マクドナルド牧師がエレファント・ルームというディスカッションの場に招いたときだ。ハーベスト・バイブル・フェローシップの総代表ケント・ショー氏からのEメールがリークされ、「影響力のある人物らがT・D・ジェイクス牧師を招くのを取りやめるよう、マクドナルド牧師に圧力をかけている」ということが明るみに出た。

マクドナルド牧師はその圧力を受けて、「どのように幅広く教会というものに関わるか、そしてどのように福音が全ての人間関係に影響を与えるかについて、私はかなり異なる見解を持っています」と述べ、ジェイクス牧師とのディスカッションの前に、その圧力の一部の出所であった福音連合委員会を辞任した。ディスカッション中、この決定により「いくつかの人間関係を失った」と、マクドナルド牧師は語った。

シカゴのメガチャーチ牧師夫人、涙の告白「受けた批判についても神に感謝する」
南部バプテスト連盟の牧師夫人会のパネルスピーカー達。左から、第一バプテスト教会(フロリダ州ネイプルズ市)のクリスティン・イェルデル夫人、バージニア州シャーロッツビル市で教会を率いるカイル・フーバー牧師の妻で『The Church Planter's Wife』の著者クリスティーン・フーバー氏、 キャシー・マクドナルド夫人、第一バプテスト教会ノース・モバイル(アラバマ州サラランド市)のキャシー・リットン夫人。

彼はこの圧力には屈しなかったが、妻のキャシー夫人は、中傷を受けて夫がほとんど伝道活動を辞めようと考えたこともあると回想した。「本当に心が痛くなることばかりだったとき、教会に向う途中、夫がもうこれ以上は無理だと言いました」

そのとき、祈りによって自分に信仰が与えられ、夫にあきらめないで頑張るよう励ますことができたと、キャシー夫人は語った。「それ以来あれが転換点だったと夫は言っています」

キャシー夫人は、牧師夫人らに「わたしにとっては、あなたがたから裁かれようと、人間の法廷で裁かれようと、少しも問題ではありません。わたしは、自分で自分を裁くことすらしません 」(1コリント4:3)を引用し、教会員の批判に捕らわれないように、と励ました。

2014年の牧師夫人会は9日に開催され、『The Church Planter's Wife』の著者クリスティーン・フーバー氏などがスピーチをした。他にスピーチが予定されていたロイス・エヴァンス氏は天候のため現地入りできず、演壇に上がることができなかった。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース