使徒の働き味読・身読の手引き(58) 宮村武夫牧師

2013年11月24日18時07分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

コリントとエペソ
使徒の働き18章18節~23節

[1]序

今回は18章18節から23節・コリントからエペソへとパウロの一行の宣教活動が進められて行く記事を味わいます。

18節には、「パウロは、なお長らく滞在してから」とあり、12節から17節に見る裁判の後も、パウロがコリントに続けて滞在していたと明らかにしています。

コリントが地理的、政治的、経済的にどれほど重要な都市であったかを思い起こす必要があります。

ローマ人への手紙1章11~15節には、パウロがローマを訪問、福音を宣べ伝えることをいかに熱望しているか明らかにされています。さらにローマの西、イスパニヤへも目が注がれていることを教えられます(ロ-マ15章23節、「今は、もうこの地方には私の働くべき所がなくなりましたし、また、イスパニヤに行く場合は、あなたがたのところに立ち寄ることを多年希望していましたので」)。

パウロの心は、コリントから西方へ向け開かれています。しかし今は、「シリヤへ向けて出帆した」(18節)のです。

「シリヤへ」とは、22節、「それからカイザリヤに上陸してエルサレムに上り、教会にあいさつしてからアンテオケに下って行った」からも明らかなように、エルサレム教会やアンテオケ教会と関係する旅を意味します。

パウロはローマ、イスパニヤと西方を、またエルサレム、アンテオケと東方を視野に入れ、地理的広がりを心に収めながら、コリントを後にエーゲ海を隔てたエペソへ向かいます。

[2]コリント

18章13節から17節に見る裁判の後にも、パウロはなぜコリントに「なお長らく滞在」したのでしょうか。少なくとも二つの理由が考えられます。

第一は、この判決がパウロに対して有利であり、少なくとも、その後コリントで宣教活動に対し直接的な迫害を受けることがない状態が生じたためと推定できます。パウロは好機を見逃すことなく、積極的な宣教活動を展開したと推察できます。

第二の理由としては、誕生したばかりのコリント教会がパウロの助けを必要としており、自分の存在がコリント教会に対する迫害の口実にならないと判断して、パウロはコリント教会の牧会を継続したと考えられます。福音を宣べ伝えると共に、福音に応答したキリスト者・教会がいかに恵みの中に生き、成長させられて行くかを、パウロは伝え続けます。

パウロがコリントを離れた後も交流は継続され、人の行き来や手紙のやり取りがなされ、互いに祈り続けました。コリント教会は成長し、世界教会との生きた交わりの中で、その役割を果たして行きました。

[3]エペソ

19節の文頭、「彼らがエペソに着くと」とのことばも印象的です。

16章6節に、「アジヤでみことばを語ることを聖霊によって禁じられた」とあるように、一度は主なる神のご計画の中に、一定の期間閉じられていたアジアへの福音宣教の道が、今や大きく開かれようとしています。異邦人への宣教者パウロは、マケドニヤ地方やアカヤ地方で宣教活動を続けた後、今はエペソに着き、念願のアジア宣教に専念して行くのです。エペソでも着実にことが運ばれます。

パウロは、「自分だけ会堂に入って、ユダヤ人たちと論じた」(19節)のです。エペソのユダヤ人たちの応答は積極的で、「人々は、もっと長くとどまるように頼んだ」のです。しかしエルサレムに過越の祭りまでに着こうと決心していたためでしょうか、パウロは、「神のみこころなら、またあなたがたのところに帰って来ます」とのことばを残して、エペソを後にします。

エペソでの宣教。やがてその道が開かれて行きました。エルサレム、アンテオケ、そしてガラテヤの地方およびフルギヤを次々に巡って、すべての弟子たちを力づけた後(22節と23節)、パウロは再びエペソを訪問、二年間滞在し(19章10節、「これが二年の間続いたので、アジヤに住む者はみな、ユダヤ人もギリシヤ人も主のことばを聞いた」)、全力を注ぎ牧会伝道に専念します(20章18節)。

[4]結び

コリントとエペソ。二つの重要な都市に教会が形成され、交わりを保ちながら、それぞれに成長して行きます。

コリントにあって、9、10節、「ある夜、主は幻によってパウロに、『恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから』と言われた」に見る主のことばに聞き従ったパウロ。一つの場所にしっかりとどまりながら、ローマへ視線を向け、エルサレムについて考え、アンテオケに思いを馳せ、そしてエペソへ向かいました。主なる神のご計画は、一つの場所で確かに進められると共に、同時多発的に押し進められて行きます。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。現在、日本センド派遣会総主事。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、他。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース