使徒の働き味読・身読の手引き(57) 宮村武夫牧師

2013年11月23日16時50分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

コリント宣教
使徒の働き18章1節~17節

[1]序

今回はパウロのコリント宣教の記事を味わいます。

コリント教会については、パウロのコリント人への手紙第一、第二を通して、その様子をかなり詳しく知ることができます。

ルカは、コリント宣教を二つの点を中心に伝えています。

第一は2節から8節の前半で、福音に対するユダヤ人の拒絶。

第二は12節以下で、パウロに対するユダヤ人の訴えにかかわりを持とうとしないローマ当局の態度。その中間の9、10節に、主イエスのパウロに対する激励のことばを記しています。

[2]激励を受け

(1)第一、第二段階
2節から4節では、コリント宣教の第一段階、5節以下では第二段階についてルカは報じています。

第一段階。コリントはアカヤ地方ばかりでなく、ギリシャ全体でも最も盛んな国際商業都市、アカヤ地方の首府として活気に満ちた町。このコリントで、アクラとプリスキラ夫妻の協力を受けながら、3、4節、「自分も同業者であったので、その家に住んでいっしょに仕事をした。彼らの職業は天幕作りであった。パウロは安息日ごとに会堂で論じ、ユダヤ人とギリシヤ人を承服させようとした」に描かれているように、パウロは地道な宣教活動の一歩を踏み出しました。

第二段階。「シラスとテモテがマケドニヤから下って来」、テサロニケ教会などが福音に固く立っているとのニュースを伝え、パウロは励まされ(Ⅰテサロニケ3章6節以下)、またピリピ教会からは経済的支援も受けました(ピリピ4章15節、「ピリピの人たち。あなたがたも知っているとおり、私が福音を宣べ伝え始めたころ、マケドニヤを離れて行ったときには、私の働きのために、物をやり取りしてくれた教会は、あなたがたのほかには一つもありませんでした」)。

パウロはシラスやテモテなど同労者と協力し、一つのチームのようになって働き、「みことばを教えることに専念」。その結果、6節と7、8節に記されているように二つの流れが生じました。

(2)激励を受け
福音宣教が活発に進められて行く中で、主イエスのパウロへの呼び掛けがなされ、命令(9節)と約束(10節)が与えられました。

命令。「恐れるな」とまず基本的な命令。パウロは、恐れざるを得ないような事態に直面していたのです(Ⅰコリント2章3節)。

約束。命令に答えることを可能にする約束も与えられました。

第一に、「わたしがあなたとともにいるのだ」と、主なる神がわたしたちと共にとインマヌエルの約束です(マタイ28章20節「また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」)。

またいつ迫害が起こるか予測し得ない状態の中で、「だれもあなたを襲って、危害を加える者はない」と慰めに満ちた約束が与えられています。

さらに、「この町には、わたしの民がたくさんいるから」と、主イエスは福音宣教の継続へとパウロを励まされます。

[3]パウロとソステネに対して

12節以下に一つの事件、パウロ(12~16節)とソステネ(17節)についてそれぞれに。

(1)パウロに対する訴えの口実とガリオの答え
訴えの口実。13節、「『この人は、律法にそむいて神を拝むことを、人々に説き勧めています』と訴えた」。

ユダヤ教はローマの公認宗教。パウロの宣教は、ローマの公認宗教であるユダヤ教とは異なるから、その宣教活動は認めるべきでないとの訴え。

ガリオの答え。14節と15節、「パウロが口を開こうとすると、ガリオはユダヤ人に向かってこう言った。『ユダヤ人の諸君。不正事件や悪質な犯罪のことであれば、私は当然、あなたがたの訴えを取り上げもしようが、あなたがたの、ことばや名称や律法に関する問題であるなら、自分たちで始末をつけるのがよかろう。私はそのようなことの裁判官にはなりたくない』」。自分が裁判すべき事柄がどのような範囲か、裁判の対象として取り上げるべきでないことは何かを承知。ガリオの判断(紀元52年前後)の影響、64年ローマの大火以後の皇帝ネロの迫害までの期間。

(2)ソステネの場合
14節のことばに反して、ソステネに対する不当の仕打ちを黙認(17節後半)。ガリオの裁判を美化し過ぎないように、ガリオの限界。

[4]結び

パウロは神の命令と約束にしっかりと聞き、一年半コリントに腰を据えて、神のことばを伝え続けます。ローマの権力と微妙な関係の中でなされていることも注意。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。現在、日本センド派遣会総主事。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、他。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース