「キリストにおいて」 箱根ケズィック聖会1日目

2013年2月20日03時04分 印刷
+「クリスチャン生活の礎」と題して大会1日目夜の聖会で講演するロバート・カンビル氏=19日、箱根ホテル小涌園で
 第52回日本ケズィック・コンベンション箱根大会は1日目の19日、午後7時から聖会が行われ、聖書協会世界連盟総裁で今大会主講師のロバート・カンビル(Robert Cunville)氏が講演した。カンビル氏は、エフェソの信徒への手紙の鍵となる言葉として「キリストにおいて(in Christ)」を強調し、「もし神が私たちの内側に何をしてくださったかを知らければ、ただイエスのまねをしているにすぎない」とイエスとの関係を深く知ることの重要性を説いた。

 カンビル氏は、「私たちが霊的に育たないと受けることのできない恵みがある」と語り、信仰の入り口となる「罪の赦し」の次の段階として、エフェソの信徒への手紙1章から3章を本文に「地上における天的な生涯」を説いた。エフェソの信徒への手紙についてカンビル氏は、「キリストにある私たちの立場」を語る前半部分(1~3章)と「その立場から来る結果」を示す後半部分(4~6章)に分けられるとし、特に前半部分について「クリスチャン生活の土台」と語り、その重要性を強調した。

 カンビル氏は、「すべての天上の祝福が私たちのものとして与えられている。それをただ下さいと言えばいい」と語り(エフェソ1・3)、「(善行ではなく)イエス・キリストの御名によって誰もが神に近づくことができる」と説いた。また、「私たちは人間の知恵によって神を知ることはできない。神は世界を創る前から私たちを選んでくださった」とし、「(死後天国に行くだけでなく)神の御前にきよく、傷のないものとして歩むために私たちを選んでくださった」(同1・4)と強調した。さらに、「神の子」(同1・5)の身分について「赤ちゃんとしてではなく、神の意志を知り、その中を責任をもって歩む神の息子、娘として生きるように、神は私たちを定めてくださった」と説いた。

 カンビル氏は、「聖霊の啓示を受けるなら、物事が違って見えてくる。私たちはイエスを知るようになる。イエスは私たちと共にいてくださる」と語り、「きよくなること、それこそが私たちの召しに伴う希望。私たちがそのことを理解するときに、世界に向き合う態度も全く違うものとなる」と強調した。

 さらに、「信じる者の内にあって働かれる神がどんなお方か、どんな素晴らしいことをしてくださるかご存知でしょうか」と問いかけ、「イエスを知る者たちは、キリストによって共に復活させ、共に天の王座につかせてくださった。それこそが、神が私たちに備えてくださったこと。信じる者の内にそのことが起こる」と説いた(同2・1、6)。

 最後にカンビル氏は、「神の満ちあふれる豊かさ」(同3・19)がキリスト者の内に満ちるのは、「ただイエス・キリストの十字架のもとにおいて」だと強調し、「(クリスチャン生活の土台として)イエスの血潮を忘れないでいたい」と述べた。


関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース