腐敗した社会に来られた世の光 WCC総幹事、クリスマスメッセージを発表

2012年12月5日13時01分 印刷
+腐敗した社会に来られた世の光 WCC総幹事、クリスマスメッセージを発表
(写真:世界教会協議会)

世界教会協議会(WCC)総幹事のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト博士は、11月29日、クリスマスメッセージを発表した。

トゥヴェイト博士はヨハネの福音書1章3節~5節、およびイザヤ書42章1節、3節を引用し、「神の御言葉が私達の足元を照らす光として、いのちの道へ導く光として来られました。神の栄光と導きを表す表現として『光』という表現が多く使われています。第四福音書で伝えられる神の受肉は、暗闇の中にあっても闇は決して神の光、いのち、御言葉にかなわないことを宣言しています」と述べた。

また来年のWCC世界総会についても言及し、「神の言葉が肉となって来られたことで、そのいのちがすべての人々にとっての光となりました。来年にはWCCの世界共同体が第10回世界総会を行います。世界総会のテーマ『いのちの神よ、正義と平和に導きたまえ』のテーマの下に祈りをささげ、証しがなされます」と述べた。

混沌する社会の闇の中に輝き続ける世の光として来られたキリスト・イエスのことばについて、「アドベント(降臨節)の期間にあって、私達は神のいのちの賜物が肉となって永遠のことばが明らかになったことを心に刻み、より深く私達の心の中に浸透していくことを覚えたいと思います。分裂や暴力、憎しみ、貧困、貪欲や腐敗にあふれる現代社会にあって、この光が私達に希望をもたらし続けています。キリストの光は私達の足元を照らし、正義と平和へと導きます。私達それぞれのろうそくの芯がうす暗く光るものだとしても、神のことばは闇の中を照らし、私達が共に平和へと向かう正義の力を信仰によってもたらします。クリスマスのすべての恵みを享受されますように」と賛美をささげるメッセージを伝えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース